fc2ブログ

記事一覧

畜産業界の闇(2)-雪印(1)-牛乳(2)

雪印乳業に対する世間の不信感から、

小売店から、雪印グループ商品が、

次々と撤去され、
ブランドイメージも急激に悪化しました。

その後、雪印乳業全工場の操業停止となり、
その後、安全点検が終了し、

8月2日に厚生省が、安全宣言を発表したため、
生産は徐々に回復していきました。

しかし、その後の大阪府警察の捜査により、

食中毒の真の原因が、雪印乳業の

北海道にある大樹工場の脱脂粉乳という事が、
判明しました。

そのため、2000年8月19日と20日、

帯広保健所の担当者が、
大樹工場の立ち入り調査を行いました。

当初、大樹工場は、異状の発生を否定しましたが、

大樹工場から、
食中毒患者と同じ毒素が検出されたことから、

さらに、調査した所、
停電の事実が明らかとなり、

大樹工場が食中毒の原因であることが、
確認され、

2000年8月23日に、公表されました。

そして、
調査により、業務日報の生産数と異なる製品が、
見つかったほか、

2000年4月1日製造の汚染された脱脂粉乳が、
2000年7月12日製造にラベルが貼り替えられた状態で、
保管されているなど、

日常的な改ざん、

偽装が行われていることが判明し、

もはやどの製品が安全であるか、
誰にも判別できなかったので、

大樹工場は、保健所の指導を受け、
脱脂粉乳の全ての在庫を廃棄しました。

これは、2023年に判明した車のダイハツや、
その親会社トヨタの不正データ事件でも分かる様に、
信用していた日本のメーカーの不正事例は、
珍しくありません。

その後、保健所が、大樹工場の安全を確認したので、
2000年10月13日、操業停止が解除されました。

大阪府警の捜査により、
雪印乳業社長、専務、大樹工場長、
製造課長、製造課主任の5人が、書類送検されましたが、

社長と専務は、事件の予見不可能として、
不起訴処分となりました。

工場長と製造課主任には、執行猶予付きの禁固刑が、
言い渡されました。

一番責任があった製造課長は、
公判中に、交通事故で死亡しました。

雪印乳業は、対応に手間取り、

商品の回収や告知に時間を要したので、

戦後最大の集団食中毒事件となり、

被害は、
森永ヒ素ミルク中毒事件より2千人多い、

約1万4千人以上でした。

ちなみに、
牛乳の食中毒は、時々起きています。

2021年、富山県で、
落雷事故による機械の故障で、殺菌できず、
内田乳業の牛乳に下痢原性大腸菌が増殖し、
約千8百人以上の食中毒が発生したそうです。


ちなみに、
自分が大阪に住んでいた時、

牛乳を飲んだ時、
灯油のニオイがして、臭いけど、

喉が渇いていたので、
まずいと思いながら飲んだ事があります。

やはり、後で、
牛乳に、灯油が混入したという事で、
回収騒ぎになりましたが、

飲んだ後だったし、
お腹は壊しませんでした。

ちなみに、
以前、エジプトに行った時、
駅の売店で、瓶のコーラを買って、

電車に乗ったのですが、
上が普通の色の黒で、下が透明だったので、

2色の不思議なコーラだと思い見てみると、

透明な部分には、ハエが浮かんでいました。

でも、電車が出発するかもしれないので、

売店に返品する時間がないし、

喉が渇いていたので、
上澄みを飲みました。

でも、お腹は壊しませんでした。

エジプト人に、
「ハエが多いですね。」と、言ったら、

「古代エジプト人は、

ハエは、大きな獲物に、

向かっていくので、

勇気があるという事で、

尊敬していた。」との回答が返ってきて、

そんな考え方もあるのだと、感心し、後日、調べました。

古代エジプト人は、

ハエが、

ライオンなど自分より大きな獲物に、

向かっていくので、

勇気と粘り強さがあるという事で、

ハエを尊敬していたそうです。

そのため、
古代エジプトでは、
ハエの形をした石のお守りや首飾り、
陶磁器画が数多くあったそうです。

そして、
最も勇敢な兵士の軍事的功績を、
たたえる最高の勲章として、
王から、金で出来たハエのペンダントが、
贈られていたそうです。

古代エジプト第18王朝の『トトメス1世』王が、
戦場で活躍した『アフモセ・ペン・ネクベト』に対して、

6個の金のハエのペンダントなどを与えたと、
記録されています。

古代エジプト第17王朝の『セクネンレ・タオ2世』王の妻で、

90歳まで生きた『アホテプ1世』女王の墓で、
発見された金のハエの首飾りは、有名です。

ちなみに、
『アホテプ1世』女王の金のハエの首飾りは、

ヒクソスとの戦争での勇敢さを称えられ、

第17王朝の『セナクテンレ・アフモセ』王から、
贈られたもので、

名誉あるハエの首飾りは、

戦争での勇敢さをたたえる物なので、

男性の兵士、将軍が受ける機会が多いので、

『アホテプ1世』女王以外の古代エジプトの女王が、

名誉あるハエの首飾りを、
受け取ったという記録は、無いそうです。

女王アフホテプ1世90歳-122
『アホテプ1世』女王のハエの首飾り

『アホテプ1世』女王のハエの首飾りは、
紀元前1560ー1530年頃に、
制作されたと推定されています。

現在は、ルクソール博物館に展示されています。

ルクソール神殿は、雄大で圧巻されましたが、

ルクソール2

乾燥していて、喉が渇いたので、

透明な瓶のオレンジジュースを、購入して、

ハエが混入していないかを、確認してから、飲みました。

そして、雪印の不祥事は、続きます。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ジャンルランキング

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ランキング

最新記事 

カテゴリ

鳥 (4)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

大阪に住んでいた時、
ジュニアリーダーをしていたので、
キャンプなどの指導などをしていました。

旅が好きで、バイクや車で
北海道や東北、関東などを、

野宿しながら、旅をしていました。

そして、
海外14カ国を、旅をして、

海外の複数の動物園や水族館で、
研修しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。

先祖は、足利尊氏と戦い、
多々良浜の戦いでは、
敗戦しましたが、

筑後川の戦いなど、
最終的には勝利し、

3代将軍足利義満まで、九州を治め、

中国の「明」と、貿易をしていました。

詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

だから、
高校の時、歴史の先生から、
歴史関係の進路を、
ものすごく強く勧められました。

でも、
生物の方が好きだったので、
獣医になりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、色々な事を書いていますが、
話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ