fc2ブログ

記事一覧

感染予防(2)-ルイ・パスツール(7)-狂犬病(3)

人が、狂犬病に感染すると、

脳炎を発症し、幻覚が見えたり、

水、風、光、音などの刺激に、ものすごく過剰に反応し、
筋肉が激しく痙攣し、

水を見るだけで、怖がり、
最終的には、呼吸麻痺になり、死亡します

50年頃のローマの
医学者『アウルス・コルネリウス・ケルスス』が、

狂犬病を発症すると、水を飲むと強い痙攣が起きて、
水を飲めなくなり、水を飲むことを恐れたので、

「恐水病」と名付けました。

ちなみに、
自分が、アメリカに行った時、
水を怖がる狂犬病の犬を見分けるため、

犬の繁殖場は、

湖など、多くの水がある場所にある事が、
多いと聞きました。

1799年、イタリアの医師『Eusebio Giacinto Valli』は、

狂犬病の犬の唾液を、カエルの胃液に注入し、

その液を、他の犬の唾液と混ぜた混合物を作製し、

狂犬病の疑いのある犬に咬まれた、
『Rosermini』と言う女性とその侍女と将校の妻に、

この混合物を接種し、

狂犬病を予防したと報告しましたが、

症例数が少ない事とデーターに不備があったので、

医学界では、認められませんでした。

その後、
『Eusebio Giacinto Valli』は、黄熱病を研究していました。

そして、1816年、
黄熱病の弱毒化ワクチンが完成したのですが、

被験者がいなかったので、

自分に接種しましたが、

その数日後、死亡したそうです。

50年頃のローマの医学者『アウルス・コルネリウス・ケルスス』は、
狂犬病の治療方法を、咬傷部を焼くと書いています。

ちなみに、
乳癌が、蟹の脚ににていたことから、
『ヒポクラテス』が、古代ギリシャ語でκαρκίνος(カニ)と名付けました、

そして、『アウルス・コルネリウス・ケルスス』は、
それをカニを意味するラテン語のcancerと翻訳しました。

そして、現在では、癌の事を、cancerと言います。

90年頃のローマの医師『ペダニウス・ディオスコリデス』も、
狂犬病の治療方法を、咬傷部を焼くと書いています。

その後、狂犬病治療は、
咬まれた所を焼く方法が行われていました。

狂犬病は、中世までは、散発的でしたが、

1271年、
ドイツのフランコニアで、
狂犬病のオオカミが村落を襲い、

30人以上の住人が咬まれ、
狂犬病で死亡したという記録がありますが、

13世紀以後のヨーロッパでは、
狂犬病の発生が、増えたそうです。

1765年に起きた、ジェヴォーダンの獣も、
狂犬病に感染したオオカミだったかもしれません。

この話は後日詳しく…。

1831年、狂犬病に感染したオオカミが、

東フランスのジュラ地方ドールで、人々を襲い、
8人が死亡しました。

咬まれた人への手当は、
焼けたアイロンによる焼灼でした。

当時、その近所に住んでいた、
皮なめし業者の息子『ルイ・パスツール』(8歳)は、

その人々の悲鳴を聞いて、震えていました。

そして、
幼かった『ルイ・パスツール』は、
いつか、狂犬病の対策をしたいと、考えるようになりました。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ジャンルランキング

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ランキング

最新記事 

カテゴリ

鳥 (3)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修しました。

海外14カ国を、旅しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。

先祖は、足利尊氏と戦い、
多々良浜の戦いでは、
敗戦しましたが、

筑後川の戦いなど、
最終的には勝利し、

3代将軍足利義満まで、九州を治め、

中国の「明」と、貿易をしていました。

詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、色々な事を書いていますが、
話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ