肥満猫

水族館、動物園勤務時は、
館内、園内を動いていたので、痩せていましたが、
現在は、動物病院内服を歩くだけなので、
運動量が減って、かなり太ったので、
減量中なので、言い難いのですが、
肥満猫ちゃんが診察に来た時は、
緩やかな減量をすすめています。



 
現在ギネスでは、肥満を推奨する可能性があるので、
猫肥満の項目はなくなりましたが、

下の写真は、ギネスに最後に載っていた「Himmy」21.3kgの猫。
かなりの肥満です。

 Heaviest Cat Himmy
脂肪が多いと、脂肪肝他の病気を誘発するし、寿命も短くなります。

 最近、寿命は基礎疾患が無いなら、痩せ型が一番長生き、
次が標準体型、肥満は短命と証明されました。

 脂肪は脂の塊だけと思われていましたが、
実は色々なホルモンが出ている事が分かりました。

体にいい働きをするホルモン(レプチン、アディポネクチン)と
悪い働きをするホルモン(PAI-1、HB-EGF、TNF-α、
アンジオテンシノーゲン)があるそうです。

レプチンは、満腹中枢に働きかけて食欲を抑える働きがあるそうです。

アディポネクチンにはインスリン抵抗性を改善し、
血圧や中性脂肪、血糖値などを低下させ、
傷ついた血管壁を修復する働きもあるため、
動脈硬化の予防・改善に効果があり、
心筋梗塞や脳梗塞などを減少させる
ホルモンとして注目を集めています。

アディポネクチンは小さな脂肪細胞から分泌されるため、
肥満が進行した脂肪細胞では分泌量が減少するそうです。
そのため、このアディポネクチンの分泌を促すために、
肥満を予防・改善する必要があると言われています。

 一方、体に悪い働きをするホルモンは、
血管を収縮して血圧を上げたり、血栓をできやすくしたり、
インスリン抵抗性を増したりする働きがあるので、
動脈硬化や糖尿病を進行させる原因になると言われています。

これらは肥満が進行して肥大した脂肪細胞から活発に分泌され、
特に、内臓脂肪が多い人ほど分泌量が増えると言われています。

 しかし、最近の人間の研究結果では、
心臓疾患に関しては、解釈が難しいのですが、
中年以降に肥満になった人の方が、
長生きとの結果が出たようです。
 
全ての肥満が悪いという訳では無いという事です。

 でも、限度があるとは思いますが、
無理しないように自分も含めて、
太っている場合は、減量しましょう。
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment