FC2ブログ

記事一覧

フランス革命(19)-バスティーユ牢獄(6)-10人の生首(3)

当初、
お互いに危害を加えない事を条件に、話し合いをしていたのに、

バスティーユ牢獄司令官『ベルナール=ルネ・ド・ローネー』は、
連行途中、暴徒化した群衆により、

殴られたり、ナイフや剣で刺されたり、
銃で急所を外して、撃たれたりして、繰り返し暴行されました。

そして、パリ市庁舎近くで、

失業中の料理人『デノ』が、

バスティーユ牢獄司令官『ベルナール=ルネ・ド・ローネー』の、
股間を蹴り上げた時、

バスティーユ牢獄司令官『ベルナール=ルネ・ド・ローネー』は、

「もうたくさんだ!殺してくれ!」と叫んだそうです。

そして、暴徒化した群衆は、
「殺されたいなら、殺してやる!」と言って、制止を振り切って、
バスティーユ牢獄司令官『ベルナール=ルネ・ド・ローネー』を、
虐殺しました。

そして、同じ様に、捕まっていたバスティーユ牢獄の守備隊6人も、
虐殺しました。

そして、
パリ市長『ジャック・ド・フレッセル』は、

バスティーユ牢獄襲撃前に、

「パリ市は民兵隊の創設を決めました。

それぞれの地域から、
800人の民兵を選抜して、
総勢4万8千人の民兵隊を創設します。

だから、私たちに任せて、
蜂起した群衆は、解散して下さい。」と、
言っていましたが、

バスティーユ牢獄の前日、

武器の所在について、あいまいな発言を行ったので、

暴徒化した群衆が、

「パリ市長『ジャック・ド・フレッセル』は、

市民を惑わせる裏切り行為を行った!」と言って、

市庁舎で、虐殺されました。

ちなみに、
他のバスティーユ牢獄の守備隊は、

群衆側のスイス人傭兵連隊が護衛し、
最終的に、解放されました。

ちなみに、後日、バスティーユ牢獄の守備隊の19人が、
死刑となったのを除くと、

バスティーユ牢獄の守備隊の約110人のうち、
戦闘中の死者1人、負傷者3人でした。

それに対し、
暴徒化し、攻撃に加わった群衆側は、千人以上いましたが、
約100人以上の死傷者を出しました。

そして…、(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (3)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。

海外14カ国を、旅しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ