日露戦争(2)-ニコライ2世(2)

『ニコライ2世』は、日露戦争開始時、
日本の状況を把握するために、
日本を偵察した『グロンプチェスキ』少将に意見を聞きました。

『グロンプチェスキ』少将は、
「日本の海軍の戦力は、我が国の半分です。
また、陸軍の戦力は、15分の1位で、かなり劣っています。

しかし、精強で、軽視すべきではありません。」と
報告しました。

すると、『ニコライ2世』は、
「君は、長年の極東勤務で、神経がおかしくなっている。
6ヶ月の長期休暇をとって、休みなさい。」と言ったそうです。

他のロシアの軍人たちも、
日本を人種的優越感から、心底蔑視していました。

4年間日本にいた陸軍武官の『ゲ・バノフスキー』中佐は、
「日本軍が、ものすごく頑張っても、
ヨーロッパの一番弱い国と勝負するには、
100年以上かかる。」と言っていました。

『クロパトキン』大将は、
「日本兵3人に対して、ロシア兵は1人で間に合う。

もし戦争が起きることになったら、
それは戦争行くというより、散歩と同じ。

最後は日本占領をもって終わる。」と言っていました。

巡洋艦「アスコリッド」の艦長『グラムマチコフ』大佐は、
「日本海軍はきわめて幼稚で、
われわれの足元にも及ばない。」と言っていました。

そして、日露戦争の開戦時、
他の欧米諸国も、ロシアがすぐに勝利して、
日本がロシアの植民地になって、
終わると考えていました。

何故なら、
国家の歳入は、ロシアは20億円で、日本は2億5千万円。
常備兵力は、ロシアは300万人で、日本は20万人と、
国力の差は、歴然でした。

そして、
日露戦争開始時にバルト海などの各所にいた
ロシアのほとんど全ての艦隊が、
集められて編成されたバルチック艦隊が、
日本に向かって来ました。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment