FC2ブログ

記事一覧

フランス革命(11)-革命前(2)

フランスでは、
国民は、王様以外に、3つの身分に分けられ、

特権階級の第一身分である聖職者が、14万人、
特権階級の第二身分である貴族が、40万人、

特権階級は、特権があり、
年金支給と免税特権が認められていました。

そして、
特権が無い第三身分である平民が、2,600万人いました。

聖職者、貴族は、特権階級なので、
免税されていましたが、

平民からは、これ以上増税出来ない位の、
税を徴収していたので、
平民は、パンを買うお金さえ無かったそうです。

ちなみに、フランス財務大臣『エティンヌ・ド・シルエット』は、
税金をもっと徴収しようとして、

空気を吸ったら税金を課すと言う、

空気税を設立すると言いましたが、

多くの反対にあい、却下されました。

ちなみに、フランス財務大臣『エティンヌ・ド・シルエット』は、
切り絵が好きだったのですが、
倹約家だったので、モノクロで絵を描いていたので、

影絵や輪郭のことを、シルエットと呼ぶようになったそうです。

その後、フランスの財務長官たちは、
自由経済などを提案したりして、
聖職者、貴族の特権を制限しようとしましたが、

自由経済などしたら、特権が無くなると言って、
猛反発にあい、却下され続けました。

1776年、
『ルイ16世』は、平民で銀行家『ジャック・ネッケル』を、
財務長官に任命しました。

銀行家『ジャック・ネッケル』は、
リストラと免税特権の廃止で、
税務の改善を行おうとしましたが、

特権階級に反対され、

そして、
贅沢三昧だった王妃『マリー・アントワネット』と
その側近貴族たちに、

質素倹約を進言したので、
王妃『マリー・アントワネット』や貴族たちに疎まれ、

銀行家『ジャック・ネッケル』は、罷免されました。

ちなみに、フランス王『ルイ16世』や
神聖ローマ帝国、オーストリア大公国、

ハプスブルク=ロートリンゲン家から、嫁いできた王妃

『オーストリア名称:
マリア・アントーニア・ヨーゼファ・
ヨハンナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン

フランス名称:
マリー=アントワネット=ジョゼフ=
ジャンヌ・ド・アプスブール=ロレーヌ・ドートリシュ

(マリー・アントワネット)』は、

生まれながらに王族だったので、

贅沢以外の事は知らないので、

当然、民衆の事、世界情勢、苦労、質素倹約などは、

全く理解出来ませんでした。

その後の後任の財務長官たちも、
特権階級に課税しようとしましたが、

特権階級、特に貴族の抵抗で、
全員辞職に追い込まれました。

そして、
平民には、どんどん税金を徴収するのに、
貴族、僧侶らの特権階級に税金をかけない事に、
不満が増えました。

1788年、
再び、財政立て直しのため、銀行家『ジャック・ネッケル』が、

財務長官の依頼を受けましたが、

聖職者、貴族、平民の代表者を集めた会議の三部会を、
開催する事を条件に引き受けました。

フランス王『ルイ16世』は、

三部会を主導して、問題解決を目論んでいました。

しかし、政治は、今まで王様や貴族が、するのが当たり前で、

平民は、政治に参加できると考えていなかったので、

大いに期待し、興奮状態となり、

フランスの平民たちは、

政治に参加でいると言う事で、

政治を考えるようになり、

『ジャン=ジャック・ルソー』の著者「社会契約論」の
啓蒙主義が流行し、

人権、平等、自由について知るようになり、

税金の不平等についてや、
民主主義について、深く考えるようになりました。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (3)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。

海外14カ国を、旅しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ