ラスプーチンとタフな犬の話(3)-ラスプーチン(3)

ユスポフ公や宮廷貴族たちはラスプーチンが、
宮廷人事に口を挟みはじめた事に危機感を抱いていたそうです。

そのため、ラスプーチンを暗殺するために
招待したそうです。

甘いものが大好物で虫歯だらけであったラスプーチンは、
まず、出された青酸カリ入りのお菓子を残らず食べたそうです。

それでも死なないので、
さらに毒入り葡萄酒が出されました。

そして、それを一気に飲んでも、
変化が無かったそうです。

(その理由として青酸カリがワインや
そのときに食べたケーキの糖分で中和されたことや、
古い青酸カリで酸化していたなどが言われていますが、
その原因は不明です。)

そして、ラスプーチンは、
毒を盛られたことに気がつかなかったので、
何事も無かったかのように、
食後の祈りを捧げていました。

それを見たユスポフ公たちは、
そっとラスプーチンの背後に回り、
彼の頭を燭台で何度も激しく殴打しました。

そして、ユスポフ公たちは、
隣室からピストルを取ってきて
心臓めがけて2発撃ち込みました。

そこで倒れましたが、ふたたび息を吹き返し、
よろめく足で立ちあがったそうです。

そして四つん這いで階段をのぼろうとするところを、
背中めがけてされに2発撃ったそうです。

倒れたのですが、しばらくするとまた、ぴくりと動いたそうです。

恐怖にかられ数人で、夢中で頭や体を、
鈍器などで殴ったり蹴ったりしたそうです。

その後、道路に投げ出したそうです。

それでも、不安だったので、布に巻いて、
凍りついたネヴァ川の氷を割って開けた穴に、
投げ込まれたそうです。

三日後、ラスプーチンの遺体が発見されました。
検視の結果、肺に水が入っていたため、
死因は溺死とされました。

即ち川に投げ込まれた時もまだ息があって、
水を飲んだということです。

その生命力は凄いと思います。

そして、ラスプーチンの予言どおり、
ラスプーチンの死後3カ月後に、
ロシア革命によって
ロマノフ朝が崩壊し、
ニコライ2世とその家族は殺害されたそうです。

またそれに続く内戦やボリシェヴィキ政権による
恐怖支配で多くの死者を出すことになりました。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment