fc2ブログ

記事一覧

『ハリー・ポッター』に出てくる『サラザール・スリザリン』のモデル-ポルトガルの独裁者(2)

1928年、
軍事政権の『アントニオ・オスカル・カルモナ』大統領となり、
政情が安定すると、

ポルトガル政府は、

経済を立て直すために、

再び、『アントニオ・サラザール』に、
大臣への就任を要請しました。

再び何度も要請してくるので、

教師の仕事は面白かったので、
辞めたくなかったのですが、

仕方なく

『アントニオ・サラザール』は、

財務大臣に就任し、

緊縮財政、デフレ政策を断行して、
危機的財政の建て直しを行い、

混乱していたポルトガル経済の再建に成功し、
世界恐慌を乗り切りました。

『アントニオ・サラザール』の手腕は、
ポルトガル国民に高く評価されたので、
徐々に支持基盤を広げました。

そうしているうちに、
『アントニオ・サラザール』は、政治ののめり込み、
支持率は最高潮に達し、
1932年には、首相に就任しました。

そして、
「サラザールの教訓」という政府方針が出来たそうです。

『アントニオ・サラザール』の政治哲学は、
カトリックの教義に基づいて、
経済政策もカトリックに影響を受け、
最終目標は、社会の安定でした。

そのため、1933年に、
ドイツとイタリアから援助してもらい、
今まで続いた議会制民主主義は廃止され、

「神、祖国、そして家族」をスローガンに、

新憲法を制定し、

『アントニオ・サラザール』は、
首相、財相、外相、陸軍相、海軍相のポストを兼任し、

理想の社会を築くため、

「エスタド・ノヴォ(新国家)」と呼ばれる、
1933年から1974年に渡る、

ヨーロッパ最長の独裁体制の基礎を、確立しました。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ジャンルランキング

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ランキング

最新記事 

カテゴリ

鳥 (4)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

大阪に住んでいた時、
ジュニアリーダーをしていたので、
キャンプなどの指導などをしていました。

旅が好きで、バイクや車で
北海道や東北、関東などを、

野宿しながら、旅をしていました。

そして、
海外14カ国を、旅をして、

海外の複数の動物園や水族館で、
研修しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。

先祖は、足利尊氏と戦い、
多々良浜の戦いでは、
敗戦しましたが、

筑後川の戦いなど、
最終的には勝利し、

3代将軍足利義満まで、九州を治め、

中国の「明」と、貿易をしていました。

詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

だから、
高校の時、歴史の先生から、
歴史関係の進路を、
ものすごく強く勧められました。

でも、
生物の方が好きだったので、
獣医になりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、色々な事を書いていますが、
話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ