昔話(7)(犬-第4話)-藤原氏と陰陽師と天皇(3)

その鳥は、
六条坊門万里小路の辺にある
古びた家へ落ちて行ったそうです。

『安倍晴明』は、従者に

「鳥の落ちた所に、
呪詛をした者がいます。

逃げられる前に、
すぐに行って下さい。」と言ったそうです。

そこは、『安倍晴明』のライバル
陰陽師『芦屋道満(蘆屋道満)(道摩法師)』の屋敷でした。

従者は、『芦屋道満』を捕まえて、
『藤原道長』のもとに連行しました。 (続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment