犬猫のギネス

 患者さんに時々、犬猫の寿命について聞かれることがあります。

犬の長寿は、
クリスマスの夜、ぶらりと外に出て、
ディンゴの群れを引き連れて戻って来たと言う伝説を持つ、
オーストラリアの牧羊犬の「ブルーイ」で、29才5ヶ月。

ブルーイ



現在生きている犬で最高年齢は、日本の栃木にいる篠原 由美子さんの
飼い犬で雑種の「プースケ」で、26才で、27歳を目指しているとのこと。

長寿

しかし、2011年に26歳8ヶ月で死亡したそうです。


ちなみに、沖縄で雑種の自称25才の犬を診察した事があります。
その犬の嫌いな物を聞いた所、

「嫌いなのは、豆腐とドックフード。
ドックフードは味が嫌いなので、
自分と同じ食事を食べている。

豆腐は、歯ごたえが無いから嫌いだと思う。
好きなのは、カレーライスとかタコスなどの辛い物」との事。

この犬が長生きなのは体質なので、
真似は絶対にしないで下さい。
基本的にはドックフードを与えて、
人の食べ物は与えないで下さい。

猫の長寿記録では、アメリカの「パフ」で、38歳。

レックスとスフィンクスのMIXの「グランパ」で、34才2ヶ月。

非公式的にはイギリスの「ルーシー」が39才。

耳は聞こえにくくなったが、今もネズミを捕るそうです。

犬の1回の最多出産数は、24頭。猫の1回の最多出産数は、19頭。
猫の生涯最多出産頭数は、アメリカの「ダスティ」の420頭。
猫の最高齢出産は、イギリスの「キティ」で、30才で2頭出産、
「キティ」は生涯では218頭出産したそうです。

犬で走るのが早かったのは、
グレーハウンドの「スター・タイトル」で時速67km。
犬で高く飛んだのは、ボルゾイの「ウルフ」が160cm。
犬で長く泳いだのは、ラブラドールの15.2kmを67時間。

犬で最も遠くから飼主に戻ってきたのは、
アメリカのコリーで、約3200km。

猫のネズミ捕獲頭数の記録は、スコットランドの
ウィスキーの蒸留所(グレンタレット蒸留所)の「Towser」。
24年で28,899頭のネズミを捕らえた。

ちなみに、エリザベス2世と同じ誕生日(4月21日)なので、
お互いにバースディーカードを交換した間柄だそうです。



上の写真は、感謝を込めて、立てられた「Towser」の銅像。

なお、「Towser」の後を継いだ「Amber」は、
愛想は良かったが、ネズミは一匹も捕らなかったそうです。
スポンサーサイト

Comment

ROMI  

はじめまして

おはようございます。
素晴らしいブログですネ~時間を掛けて隅々まで読ませて頂きたいです。古いブログの方も。
我が家の犬(雑種で親が判らない)15歳です。耳が遠くなって目は白内症ですが元気にしています。
長生きしてほしい。
生き物に接しているのは・・・お世話していればなおさら、こちらも歓びが得られますネ。水族館も動物園も好き、庭に来る小鳥や猫も。果樹やお花も生きているので退屈がありません。

ありがとう~これからも宜しくお願いします❤

2015/04/09 (Thu) 06:30 | REPLY |   

みゅうぽっぽ  

No title

初めてコメントさせていただきます。とっても興味深いブログです!わが家にもミュウと言う和猫を飼っていました。4年前に22歳で亡くなりました。足に腫瘍ができ、それで弱ってしまいました。今も家族の一員です。でも世界にはこんなに長生きするニャンコやワンコがいるのですね!!私のお友達のニャンコ、サブちゃんがもうすぐ23歳です。頑張ってほしいものです。また動物の面白いブログアップしてください!楽しみにしています。

2015/07/16 (Thu) 08:56 | REPLY |   

Leave A Comment