FC2ブログ

記事一覧

愛犬物語-第3話-播州犬寺物語(2)

『枚夫』は2頭の愛犬に

「戦場で死ぬのは仕方がない。

でも、あのような者に、
ここで殺されるのは、末代までの恥。
そのような事は、耐えられない。

だから、
自分が死んだら、誰にも見つからないように、
自分の死体を全部食べてくれ。」と頼んだそうです。

すると、2頭は留守居の方に走り出し、
1頭は、留守居の持っていた弓の弦を噛み切り、
もう1頭は留守居の喉に噛みつき殺したそうです。

その後、『枚夫』は妻を追い出したそうです。

そして、『枚夫』は

「この2頭の犬を我が子とし、全財産を譲る」と言って、
今まで以上に可愛がりました。

しかし、
『枚夫』より、先に2頭の犬が死んだので、
手厚く葬り、伽藍を建立し、
千手観音の像を安置して冥福を祈りました。

その後、伽藍は、
三度も大火に襲われたそうですが、
焼けなかったそうです。

そのことが『桓武天皇』の耳に入り、
官寺として認定されたそうです。

以上の話は「播州犬寺物語」と言って、
関西地方の犬好きには有名で、

兵庫県神崎郡神河町にある
『金楽山法楽寺
(播州犬寺)(粟賀犬寺)(犬寺)』の
寺社縁起(由緒)に書かれています。

大学に入学するまでは、
大阪に住んでいたので、
お参りに行ったことがあります。

境内には、
『枚夫』を守った2頭の愛犬がいるので、
機会があればお参りに行って下さい。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館・動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北・沖縄の
動物病院で勤務しました。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、
時には、歴史の時は、
現地調査までしていたので、

回答欄のスペースでは、不足したので、
裏まで、時には2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、自分だけ白紙が、
2枚配られていました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

知らせてもらえれば、
嬉しいです。

検索フォーム

カウンター