fc2ブログ

記事一覧

朝鮮半島情勢(60)-北朝鮮(13)-「国家保衛省」(3)-クーデター(2)

北朝鮮の支配者、金一族に対しての暗殺未遂事件は、
今までに数回あるそうです。

例えば、
2004年、『金正日』の乗る「1号列車(太陽号)」が、
通過した後、線路が爆発し、

161人が死亡し、約千5百人以上の負傷者を出す、
大惨事となった龍川駅列車爆発事故は、

鉄道施設の老朽化による単純事故と言われていますが、

『金正日』の暗殺の失敗という説もあります。

ちなみに、「1号列車(太陽号)」は、
最高指導者専用列車で、

12両以上の編成で、そのうち5両は、
最高指導者専用の寝室、浴室、食堂、執務室、
通信室車両で、
衛星通信で列車の位置なども、分かるそうです。

そして、実務担当者以外にも、
警護担当者、医師、料理人が、乗っているそうです。

窓は防弾ガラスで、
床の防弾仕様は、爆弾が爆発しても、
大丈夫だそうです。

車両は全て同じ形状で、
最高指導者がどこにいるかは、秘密で、

最高指導者の動きを隠すため、

同じ形状の予備車両を、別の方向に走らせて、
カムフラージュすることもあるそうです。

2012年、『金正恩』の視察先で、

持ち主の分かる『通し番号』が消され、

銃弾が装填された機関銃が、見つかりました。

そして、
『金正恩』が訪れる予定だった国内の飛行場で、
大量の爆薬が見つかりました。

2013年に、『金正恩』は、これらを、
叔父『張成沢』の仕業と思い込み、

趣向を凝らした処刑方法を思いついたと言って、

3代目「国家保衛省」のトップ、
保衛部長『金元弘(キム・ウォンホン)』に命じて、

叔父『張成沢』を、処刑することにしました。

そして、
北朝鮮では当たり前ですが、『張成沢』は、
顔や体が腫れるほど拷問された後、
刑場に連れて来られました。

そして、
『金正恩』が考えた趣向を凝らした処刑が、
始まりました。

まずは、
『張成沢』の両側に、
『張成沢』の2人の部下を座らせました。

そして、
『張成沢』の2人の部下に向けて、
戦車でも爆破しそうな重機関銃を連射しました。

すると、
2人の部下は、一瞬で肉片となり、

その肉片が、隣にいた『張成沢』に降りかかったので、

恐怖と嫌悪感で、その場で気絶したそうです。

そして、
『金正恩』は、
『張成沢』が気が付くのを待ってから、

『金正恩』は、
「最高司令官の命令に従わず、
長年にわたり国家転覆を目論んでいた者は、

死んでも、この地に埋葬する場所などない。

地球上から痕跡をなくせ!」と言って、

『張成沢』の側に爆薬を置き、
足や手、耳などの即死しない部分から、
少しずつ撃ち、
徐々に、体や頭の中心部を撃ち、
意識が、完全になくなってから、
数百発の機銃掃射で、完全に殺害し、
その後、遺体が残らないように、爆破したそうです。

そして、『金正恩』は、

『張成沢』主導で建設した、
朝鮮史のテーマパークである平壌民俗公園を、

「民俗公園を見るたびに『張成沢』を思い出すので、
汚らわしい。」と言って、解体を指示したそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ジャンルランキング

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ランキング

最新記事 

カテゴリ

鳥 (3)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修しました。

海外14カ国を、旅しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。

先祖は、足利尊氏と戦い、
多々良浜の戦いでは、
敗戦しましたが、

筑後川の戦いなど、
最終的には勝利し、

3代将軍足利義満まで、九州を治め、

中国の「明」と、貿易をしていました。

詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、色々な事を書いていますが、
話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ