FC2ブログ

記事一覧

朝鮮半島情勢(34)-韓国(24)-軍事境界線(2)

潜水艦が発見された付近を捜索すると、

潜水艦から、
約20km離れた太白山脈で、
集団自決した艦長と政治将校を含む、
北朝鮮工作員11人の遺体が、発見されました。

検視の結果、
北朝鮮工作員10人は、頭部を、銃で撃たれていて、
政治将校は、青酸カリを飲んで、
自殺した事が分かりました。

9月19日、
捜索した所、
太白山脈の山の中に3カ所で、
北朝鮮工作員7人が、
穴を草木や落ち葉で隠した穴に、
隠れていました。

そして、北朝鮮工作員は、手榴弾を投げて、
混乱に乗じて、逃走しようとした所、射殺されました。

9月21日、
韓国軍と北朝鮮工作員との銃撃戦が発生し、
北朝鮮工作員2人が射殺され、
韓国軍兵士1人が死亡しました。

9月22日、
山間部で、韓国軍と北朝鮮工作員との銃撃戦となり、
北朝鮮工作員2人が射殺され、
韓国軍兵士2人が死亡しました。

当時、緊急事態だったので、
夜8時から朝6時まで夜間外出禁止令と
太白山脈の入山制限が発令されていましたが、

それを無視し、
山中でキノコ取りをしていた民間人1人が、

北朝鮮工作員と誤認され、射殺されました。

9月28日、北朝鮮工作員1人が発見され、
射殺されました。

9月29日、
極度の緊張状態だったので、
韓国軍兵士が、
北朝鮮工作員と間違えて、
味方の韓国軍兵士を、射殺してしまいました。

10月1日、捜索中の警察官が、
北朝鮮工作員と間違えて、射殺されました。

10月9日、
太白山脈が入山制限中だったので、
他者と競争することなく、
良質なキノコを確保するチャンスでという事で、
民間人3人が、入山したのですが、

逃走中の北朝鮮工作員に遭遇し、射殺されました。

10月12日、韓国軍兵士が、
北朝鮮工作員と間違えて、
味方の韓国軍兵士を、射殺してしまいました。

北朝鮮工作員は、
日中は、穴を掘って休息し、

夜間、
太白山脈に点在する別荘などで、
空き巣行為を繰り返し、
生活必需品や食料を調達したり、
山菜等を採取して、

約40日間で、約200kmを移動しました。

韓国軍は、
逃走中の北朝鮮工作員が、
無線で北朝鮮当局と交信する可能性を考慮して、
無線の電波を妨害しました。

また、多数の拡声器で、投降を促す説得をしたり、
投降を呼びかけるビラを、
ヘリコプターから地上に散布しました。

11月5日、
軍事境界線まで、あと10kmの森で、
北朝鮮工作員2人が発見され、
韓国軍との激しい銃撃戦が起こり、

北朝鮮工作員2人は、
銃を乱射し、
手榴弾の投擲を繰り返した末に射殺されました。

韓国軍兵士は、3人が死亡し、14人が負傷しました。

そして、
1996年11月7日に掃討作戦は、終了しました。

一連の掃討作戦の結果、
韓国は、軍人12人、警察官1人、
民間人4人が死亡し、17人の負傷者、

北朝鮮の工作員は、
逮捕1人、射殺13人、集団自決11人、
行方不明1人だったそうです。

射殺された北朝鮮工作員のカメラには、
有事の際、
北朝鮮の攻撃目標となっている橋が写っていました。

そして、
逮捕された北朝鮮の工作員『李光洙』は、

今回の潜入の目的は、
空軍基地の偵察だったと証言しました。

しかし、
偵察局海事部長という大物幹部が、
同乗していたことや、

押収された火器類が、
あまりに重装備で、大量だったので、
それ以外の目的もあるのでは?という疑いが、
あるそうです。

当初、
北朝鮮は、
潜水艦が、韓国領海に侵入したのは、
故障して、漂流、座礁したので、
緊急避難として韓国内に上陸した。

乗組員たちは、全員非武装だったのに、
殺傷したのは、韓国が悪い。 と主張していました。

しかし、
潜水艦から、大量の武器が押収され、
海流の流路の分析から、
漂流したとの主張が嘘であることが明白になると、

北朝鮮は、
部下が勝手に、行ったことで、
武器を持って、潜入した事は、知らなかったと言って、
深い遺憾の意を表明しました。

すると、
韓国政府は、事件が大きくなる事を望まなかったので、
北朝鮮の遺憾の言葉を得た事により、
事件は、決着しました。

ちなみに、
現在、北朝鮮の潜水艦は、
江陵市安仁津里海岸の「江陵統一公園」に、
展示されているそうです。

そして、事件以降、
北朝鮮が侵入する事があるという事で、
現在も、
現地の海岸をフェンスで封鎖し、
周辺海域は、武装した陸軍兵士が、
警戒しているそうです。

ちなみに、
逮捕された北朝鮮の工作員『李光洙』は、
総参謀部偵察局所属の海軍上尉で、
北朝鮮に妻子がいました。

潜水艦座礁の時、
『李光洙』は、迷った登山者を装い、
水と食料を求めて民家を訪れましたが、

韓国で、20年以上も前に、
流行した時代錯誤な服装で、
頭髪も海水に濡れたままだったので、

不審に思った住民が、警察に通報したそうです。

実は、
『李光洙』は、
北朝鮮の韓国の一般家庭には、
電話がなかったので、

通報されるという事は、疑いもしなかったので、

安心して、民家の軒先に佇んでいた所、

駆けつけてきた警察官2人により、
逮捕されました。

当初、『李光洙』は、

早めに、捜索を打ち切りにさせて、

逮捕、死亡していない残りの工作員が、
北朝鮮に逃げ帰るように考え、

逃亡中の工作員は、
20人と偽装したり、非協力的でしたが、

数日間、
取調官が、雑談したり、
焼酎やタバコ等の嗜好品を与えながら、

良好な関係を築いていくと、

実際の人数は、26人だと自供し、

取り調べに協力的になりました。

そして、
『李光洙』は、事件の事を自白して、
思想の転向を表明したことが高く評価され、

罪を赦されて韓国海軍で、
教官として働くようになったそうです。

その後、『李光洙』は、
韓国人女性と結婚し、娘が2人生まれ、

大学院で勉強し、
政治学修士号を取得したそうです。 (続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。

海外14カ国を、旅しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ