FC2ブログ

記事一覧

朝鮮半島情勢(27)-韓国(17)-『全斗煥』(3)-ソウルオリンピックと北朝鮮の暗躍(3)

そして、1987年、『金正日』が、

日本人に扮した北朝鮮の工作員の

『金勝一』(偽名『蜂谷 真一』)、
『金賢姫』(偽名『蜂谷眞由美』に、

「ソウルオリンピックの妨害のため、
大韓航空機を爆破させろ。」と命令し、
中東のバーレーン王国で、大韓航空機を爆破し、
115人を殺害しました。

しかし、
『金勝一』、『金賢姫』は、
どさくさに紛れて、逃げようとしていましたが、
逃げるルートが、
北朝鮮で聞いたのと違う構造になっていたので、
逃げるのに失敗しました。

そして、
バーレーン王国の警察に追い詰められました。

そして、
北朝鮮本国から、捕まったら、
自殺しろと命令を受けていた2人は、

猛毒入りの煙草を吸い、
『金勝一』は、死にましたが、

『金賢姫』は、喫煙の習慣がなかったので、
肺まで煙草の煙を吸いこむことが出来ず、
一命を取りとめました。

『金賢姫』は、
9歳頃から北朝鮮の映画などに出演する女優で、

日本から北朝鮮により拉致されたとされる
日本人女性『田口八重子』と思われる
『李恩恵』から、日本語教育や日本文化の教育を受け、
『蜂谷眞由美』という日本人名を使用し、
日本人になりすましていた。

そして、
『金賢姫』は、韓国に連行され、
北朝鮮の工作員であることや
破壊工作の詳細を自白しました。

その事を知った『金正日』は、
「いつでも女性が問題を起すのだ。
女性工作員の数を、大幅に削減しろ。」と激怒したので、
女性工作員は減ったそうです。

その後、『金賢姫』は、1997年に、
韓国国家安全企画部(現・国家情報院)部員と結婚し、
子供も授かり、自伝『金賢姫全告白 いま、女として』を出版し、
印税も入り、幸せに暮らしたそうです。

『金賢姫全告白 いま、女として』では、

「韓国は乞食と娼婦が、
あふれていると教育されてきたが、
実際の韓国の豊かさや自由を見て、
北朝鮮当局に、
騙されていたことを悟り転向した。」と書かれていました。

『金正日』も『金賢姫全告白 いま、女として』を読み、
「北朝鮮の大学の教育が間違っているから、
『金賢姫』が裏切った。」と、
再び激怒したそうです。

そして、北朝鮮の大学「金正日政治軍事大学」で、
韓国の実情を具体的に教えるようになったそうです。

そして、北朝鮮と友好関係だった国々は、
ソウルオリンピック参加する事になり、
結局、参加しなかったのは、北朝鮮だけでした。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。

海外14カ国を、旅しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ