FC2ブログ

記事一覧

朝鮮半島情勢(21)-韓国(11)-『文世光』の『朴正熙』暗殺未遂事件(2)

1974年、8月15日、
日本からの独立を祝う韓国の光復節が、
韓国国立劇場で記念式典が、行われました。

『文世光』は、
フォード車を借り上げ、
正装を着て中折帽までかぶった重厚な身なりで、
日本人高官になりすまして、会場に来ました。

招待状を持つ人しか入場できないのですが、
警察官は、『文世光』が、日本語を使い、
高級車で、正装しているので、
招請されたVIPと判断し、
招待状が、ないにもかかわらず、入場を許可しました。

最初、『文世光』は、『朴正熙』大統領夫妻が、
会場に入場する際に狙撃しようとしましたが、

『朴正熙』大統領夫妻が、
歓迎の子供たちに囲まれていたので、実行を断念しました。

『朴正熙』大統領が演壇で、
祝辞を読み上げ始めたところで、

『文世光』は、撃とうと思いましたが、

焦って、腰ポケット中で、

拳銃の引き金を、

誤って引いてしまい、

自分の太ももを、撃ち抜いたそうです。

しかし、銃声は、
会場の大騒音で掻き消されたので、
誰も気づかなかったそうです。

『文世光』は、
激痛に耐えながら通路を走り、
20m先の壇上にいる『朴正熙』大統領に向け、
2発目を撃ちましたが、演壇に命中しました。

異変に気づいた『朴正煕』が、演壇の背後に隠れました。

『文世光』は、3発目を撃ちましたが、
不発でした。

立て続けに撃った4発目の弾は、
壇上の椅子に座っていた『朴正煕』の

妻『陸英修』の右頭部付近に命中しました。

その間、第1弾が発射されてから、
7秒の出来事でした。

警備員と『文世光』は、もみ合いになりましたが、
『文世光』は、5発目を発砲しました。

そして、警備員も、発砲しました。

その時の流れ弾が、

式典の合唱団員の17歳の女子高生『張峰華』に当たり、
死亡しました。

『陸英修』は、病院に搬送され、
約6時間の手術が行われましたが、死亡しました。

『朴正煕』は、「私は大丈夫です。」と言って、
何事もなかったかのように、
最後まで演説を続けたそうです。

そして、
『朴正煕』は、式典の終了と同時に病院に駆けつけ、

妻『陸英修』の死亡を知り、泣き崩れたそうです。

最初、「犯人は日本人だ。」と伝えられたため、

事件当日、
日本の全面的な技術支援を得て、
開業した韓国初の地下鉄の記念式典があり、

日本の工事関係者などが、
式典に呼ばれていましたが、

日本人は、全員退場させられ、
式典の式辞でも、日本の支援については、
全く触れられませんでした。

そのため、
韓国初の地下鉄は、日本の支援なしで、
開通された事になりました。

ちなみに、
2015年に、外務省が、

you tubeで、「戦後国際社会の国づくり
信頼のおけるパートナーとしての日本」
と題して、

第二次世界大戦後、
韓国、中国、ミャンマー、インドネシア、
タイ、ベトナム、インドなどのアジア各国を、
日本が援助したというビデオをつくり、公表しました。

その中で、
韓国の地下鉄や製鉄所について、
日本の支援について、少しだけ紹介した所、

韓国は、
「日本が地下鉄や製鉄所を支援したとは、妄言だ。

植民地支配や慰安婦強制動員、
過去の歴史歪曲などの反省に、
一言も言及しなかった。

経済開発支援国家という点を強調し、
戦犯国という日本の国際的イメージを、
隠そうとする意図で、
製作されたとみられる。」と反発しました。

しかし、
当時の韓国の担当者だった『朴泰俊』は、

「アメリカからの資金調達に失敗し、
資金不足だったので、

日本の援助と日本から5千万ドルを借り、
本格的な工事を始めることが出来た。」と述べています。

ちなみに、韓国以外は、苦情はなかったそうです。

そして、
『文世光』は、現行犯逮捕されました。

その後の調査により、

韓国政府は、北朝鮮が指令を出し、
朝鮮総連が関与したと発表し、

日本政府に対して、朝鮮総連の取り締まり、
朝鮮総連の生野支部政治部長『金浩竜』の身柄引き渡しと、
『吉井美喜子』夫妻の起訴を要求しましたが、

金大中事件の直後で、両国が微妙な関係だったので、
捜査は、スムーズには進みませんでした。

そして、
日本では、朝鮮総連の『金浩竜』を取り調べましたが、
関与を否定しました。

その後、日本政府は、北朝鮮とは国交がないので、

北朝鮮の日本支部の

朝鮮総連関連施設への捜査は、

日本の主権が及ぶはずなのに、

ウィーン条約に基づく治外法権を理由に、
詳しくは行われませんでした。

そして、日本政府は、
北朝鮮や朝鮮総連は関係なく、
『文世光』の単独犯行と、公式見解を発表しました。

『吉井美喜子』は、パスポート管理法違反で起訴され、
懲役3年、執行猶予1年が宣告されました。

韓国では、『文世光』の死刑判決が出ました。

『文世光』は、死刑執行前に、

「朝鮮総連に騙された。私が馬鹿だった。
韓国で生まれたら、
こんな犯罪は犯していなかった。

母には、息子の不孝と期待に背いたことを、
申し訳なく思うと伝えて下さい。」と大泣きしたそうです。

左翼は、平等な社会を目指すという立派な思想ですが、

左翼の東アジア反日武装戦線が行った
三菱重工爆破事件のように、

左翼は、テロ事件が多い気がします。

ちなみに、2002年、『朴正煕』の次女『朴槿恵』が、
北朝鮮を訪問した際に、

『金正日』は、

「『文世光』は、
北朝鮮の工作員であったと認めますが、

部下がやったことで、自分は知らなかった。

お互い二世同士、頑張りましょう。」と言って、
親交を深めたそうです。

後日、大統領となる『朴槿恵』 は、
母『陸英修』を失い、精神的に不安定になったそうです。

すると、
呪術家『崔太敏』が、

『陸英修』の霊から、

娘に力を貸してやって欲しいと言われたと、

『朴槿恵』に手紙を書いた所、

大統領府から迎えの車が来たそうです。

『崔太敏』が、
『朴槿恵』と会って話をした後、

『朴槿恵』は、気絶し、夢を見たそうです。

夢で、『朴槿恵』は、母親と会い、

「『崔太敏』は、お前を助けてくれる。」と言ったそうです。

それ以降、『朴槿恵』は、

呪術師『崔太敏』と

その5番目の妻との間の娘の
呪術師『崔順実』に依存することになり、

1975年、『崔太敏』が、
新興宗教「大韓救国宣教団(救国十字軍)
(後日、セマウム奉仕団に改名)」を創設した時、

『朴槿恵』を、名誉総裁に迎えたそうです。

『崔太敏』と『朴槿恵』が部屋に入れば、
1日中出てこない事もあったので、

『朴正煕』の側近で、
以前、『金炯旭』の拉致、
殺害を指示した『金載圭』
は、

『朴正煕』に、
「娘さんの『朴槿恵』 が頼っている呪術師『崔太敏』は、

何度も結婚したりして、女性関係にだらしなく、

怪しいので、

関係をやめた方が良い。」と進言しました。

『朴正煕』は、
『朴槿恵』 と呪術師『崔太敏』に、話を聞いたところ、

『朴槿恵』 は、呪術師『崔太敏』を積極的に擁護し、

「私たちは、
霊的な家族や夫婦のようなものであって、

肉体に関する下品な話は、してくれるな。」と言ったので、

『朴正煕』は、納得し、

『金載圭』に、

「情報を上げるならしっかりしろ!」と叱ったそうです。

そのため『金載圭』は、『朴正煕』を逆恨みし、

後日、殺害する一因となったそうです。

ただし、
実は呪術師『崔太敏』は怪しい人物で、

1979年まで、大統領邸宅に自由に出入りし、
権勢をほしいままにし、
「韓国のラスプーチン」と呼ばれるようになりました。

そして後日、『朴槿恵』が、大統領になった時も、
『崔太敏』の娘の呪術師『崔順実』との関係が続いていて、

それが、『朴槿恵』が弾劾され、罷免される政治スキャンダルに、
発展しました。

在日韓国人が、起こした事件により、

日韓関係が悪くなったので、

『金正日』は、
「在日韓国人がテロを起こしたら、
日韓関係が悪くなる!」という事を見て、

後日、日本人になりすました2人の北朝鮮工作員が、
大韓航空機爆破事件を起こすという、
計画のヒントとなったそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。

海外14カ国を、旅しました。

詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ