FC2ブログ

記事一覧

朝鮮半島情勢(19)-韓国(9)-日本情報操作

『アドルフ・ヒトラー』は、演説や宣伝の達人で、
民衆を思うように操作し、ナチス・ドイツをつくり上げましたが、
情報を操作し、民衆を、思うように導く事は、よくあります。

元極真会館最高相談役で、
「殺しの柳川」、「マテンの黒シャツ」と異名を持つ、
在日韓国人の山口組系柳川組
組長『梁元錫(日本名:柳川次郎)』や
朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)が、

日本の報道機関に対して、資金提供などして、
韓国、北朝鮮に有意になるように、情報を操作していたそうです。

ちなみに、日本に、北朝鮮の出張所の
朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)があるのは、
理由があります。

その昔、韓国大統領『李承晩』は、
在日韓国人の受け入れを拒否していました。

1959年12月に起きた、
韓国政府の命令により、
韓国領事館『金永煥』三等書記官が、
新潟日赤センター爆破テロを起こそうとして、
捕まった事件
の様に、

以前、韓国は、

日本国内でテロを行うような、
現在の北朝鮮の様に、テロ国家というイメージでした。

それに対し、

以前の北朝鮮は、
現在のようなテロ国家と言うイメージではなく、

ソ連の援助で急成長し、韓国より豊かな国となり、

日本では、民衆のための新しくて優しい国と報道されていました。

そして、北朝鮮の『金日成』は、

日本にいる在日韓国人を資金や技術源に使えると判断し、

在日韓国人の受け入れを許可し、

日本に、

積極的に北朝鮮の支援団体の
朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)をつくり、

北朝鮮支持教育をする朝鮮学校を、数多く設立し、

北朝鮮を、支持する者を増やしました。

ちなみに、
現在も、日本には、韓国の韓国学校は少なく、
北朝鮮の朝鮮学校は多いです。

1959年から1984年まで、

朝日新聞が先導し、他の新聞各社や、
日本の共産党、社会民主党(旧社会党)は、

北朝鮮は、地上の楽園と言っていました。

1959年の産経新聞には
「北朝鮮の暖かい宿舎や出迎え。
北朝鮮の細かい心づかいの受け入れ。」、

1960年の読売新聞には、
「北朝鮮へ帰った日本人妻たちは、
夢のような正月です。

ほんとうに来てよかった。」、

1960年の朝日新聞には、
「北朝鮮の完全就職、生活保障は素晴らしい。

北朝鮮の歓迎振りや、完備した受け入れ態勢、
目覚しい復興振りは素晴らしい。」と書いてあります。

そして、
1962年公開の『吉永小百合』主演の
映画「キューポラのある街」でも、
北朝鮮は、とても素晴らしい国とされていました。

だから、日本に住んでいる人の中にも、
北朝鮮を好きな人が、沢山いました。

そのため、
9万人以上の在日韓国人と日本人が、
希望と期待に胸膨らんで、北朝鮮に行きました。

ちなみに、
北朝鮮と日本の連絡船「万景峰号」は、
北朝鮮から朝鮮総連への指導、連絡、
日本、韓国への北朝鮮工作員を運んだそうです。

しかし、
実際は、日本から北朝鮮に行った人々は、

「母国を捨てた裏切り者」、

日本の資本主義にかぶれた
お金好きの下品な在日韓国人という意味の蔑称の
「ジェッキ」、「チェポ」と呼ばれ、

忌み嫌われ、帰国者は信用できないと言われ、
社会的権利が無いに等しく、迫害されていました。

日本で、経済的に成功して、
多額の財産を持って来た人は、財産をすべて没収され、

技術、知識を持った人は、ほとんど無報酬で、
北朝鮮の技術更新に役立つようにさせられ、

技術、知識がない人は、
ほとんど無報酬で、労働力として、働かされ、

日本に残してきた家族や親戚などに、
送金を求めて、資金源になるように命令されたそうです。

そして、
日本から報道関係者が来て、
北朝鮮について、取材を受けた場合、
素晴らしい国と言え!と命令されていました。

北朝鮮に従わない者や
北朝鮮発展に貢献しなかった人々は、

見せしめに、関係者全員が、強制収容所送りとなり、

日本の女子高生コンクリート詰め殺人事件や、
足を車でひいて、指の骨を折り、ハンマーで歯を折り、
火の付いた煙草を鼻に入れられて、
東尋坊で飛び降り自殺させられた事件の様に、

考えるだけでも、
おぞましい拷問の末に殺されました。

そして、
北朝鮮に従順で、ものすごく協力的な者は、

日本国内に再び送り込みました。

そして、
失敗すると北朝鮮にいる家族がひどい目にあうので、

必死に北朝鮮の工作員として、働きました。

ちなみに、
北朝鮮の日本の出張所の朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)は、
日本人拉致事件への関与の疑いがあるので、

公安調査庁から、
破壊活動防止法に基づく調査対象団体に指定されています。

ちなみに、
日本の社会民主党(社会党)は、
朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)とは、
政治献金を通じて仲が良いそうです。

以前、朝日新聞や、
『土井たか子』率いる社会民主党(社会党)が、

「北朝鮮が日本人を拉致したと言うのは、

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会と

産経新聞の捏造。」と言っていました。

1988年、北朝鮮の平壌市内で、『石岡亨』さんは、

北朝鮮に拉致されたことを、
日本に知らせれば、殺されるという身の危険を冒して、
実情を書いた手紙を、

「日本にいる家族に渡して欲しい。」と言って、

ショッピングをしているポーランド人に、秘密裏に手紙を託しました。

実は、『石岡亨』さんは、
ヨーロッパで、行方不明となっていたので、
日本の家族は、探していたそうです。

そして、
ポーランド経由で、家族の元に、手紙が届いたそうです。

手紙により、
『石岡亨』さん、『有本恵子』さん、『松木薫』さんが、
ヨーロッパで、北朝鮮工作員により、北朝鮮に連れてこられ、
3人共、北朝鮮の収容所にいることが判明しました。

そのため、
3人の家族が、外務省に陳情しましたが、
外務省からは、無視され相手にされませんでした。

次に、
日頃から北朝鮮とパイプがあることを、
アピールしていた社会民主党(旧社会党)に、
陳情することにしました。

まずは、
『石岡亨』さんの家族が、
地元の社会民主党(旧社会党)に相談しましたが、

「外交問題になるので、
口外しないように。」と言われたそうです。

次に、
『有本恵子』さんの両親が、
自分の選挙区の国会議員の
社会民主党(旧社会党)『土井たか子』に、
直接、陳情する事にしたそうです。

そして、
『有本恵子』さんの両親は、
国会を訪れ、『土井たか子』に、
『石岡亨』さんの手紙がある事を話し、
直接陳情しました。

しかし、
『土井たか子』は、全く相手にしなかったそうです。

でも、『土井たか子』は、『石岡亨』さんの手紙の存在を、
北朝鮮の日本の出張所朝鮮総連に、通報したそうです。

その後、
2002年、北朝鮮側から、
『石岡亨』さん、『有本恵子』さんは、
暖房用の石炭ガス中毒事故で、

『松木薫』さんは交通事故で、
死亡した事が伝えられ、

死亡とされた日が、

『土井たか子』に、
『石岡亨』さんの手紙の事を知らせてから、2か月後でした。

『有本恵子』さんの家族は、
不審に思い『土井たか子』に、
連絡を取りましたが、無視されました。

ある時、『有本恵子』さんの家族が、
偶然に、議員会館のエレベーターで、
『土井たか子』と乗り合わせた時、

最初、『土井たか子』は、支援者と思い、
愛想よく握手をしましたが、

『有本恵子』さんの家族と知ると、
その後は、ガン無視したそうです。

後日、北朝鮮の拉致が事実と分かると、
『土井たか子』は、
「拉致が、でっち上げなんてことは、
言っていない。」と言いました。

そして、『土井たか子』は、関係ないと言って、
拉致家族とは、会わないようにしたそうです。

しかし、
北朝鮮が示した『石岡亨』さん、『有本恵子』さん、
『松木薫』さんの死亡した時の資料が、
曖昧だったので、

家族は、まだ生きていると希望を持っているそうです。

ちなみに、
以前、自民党『菅義偉』が、
「NHKで、拉致問題を重点的に取り上げるよう、
指示する事を検討する。」と言うと、

社会民主党『福島瑞穂』は、
「拉致問題を、
重点的に取り上げるという指示は、
NHKの自主性、自律性を、損なう。」と言っています。

ちなみに、
社会民主党『福島瑞穂』は、
弁護士時代、
熱心に韓国人などの外国人のために、
日本政府を相手取った、
慰安婦による賠償訴訟を、起こしていました。

そして、
元慰安婦として『金学順』さんは、
最初、「14歳で、親に、軍人への性的奉仕を行うための、
妓生(キーセン)に売られた。」と証言していましたが、

『金学順』さんの担当弁護士『福島瑞穂』は、
「日本の軍人に、無理矢理、
慰安所に連れて行かれた。」と証言を変えさせたそうです。

そして、産経新聞によると、
1992年韓国で開かれた【挺身隊問題アジア連帯会議】で、
韓国や各国の慰安婦関係者が集まった会議で、
韓国人は、「日本兵から、酷い目に遭った。」と訴えました。

しかし、台湾人の元慰安婦は、
「日本の兵隊さんは優しかった。」と述べた途端に、
主催者 が「余計なことを言うな」と怒鳴り、
会議は中断、議事録は抹消されたそうです。

フィリピンの元慰安婦も、
「日本の兵隊さんは優しかった。」と言った途端、
怒号とヤジで中断し、議事録抹消となりました。

タイ人女性の元慰安婦が、
「英国兵は、日本兵より、もっと酷いことをした。」』と主張をすると、
慰安婦問題の拡散を促進した、
キリスト教徒矯風会『高橋喜久江』や『福島瑞穂』らは、
「余計なことを言うな!」と、声を荒げたそうです。

これらの記事に対して、
アジア連帯会議実行委員会は、
抗議文を産経新聞に送り付けたそうです。

しかし、アジア連帯会議実行委員会は、
対象としているのは、
敗戦国の日本人に対してのみで、

韓国がベトナム人女性を慰安婦にしていた事や、
アメリカ人、イギリス人がアジア人女性に対して、
慰安婦にしていたことは、無視しているようです。

ちなみに、現在では、朝日新聞では、
北朝鮮が日本人を拉致した事は、認めました。

しかし、
1999年に、『木村伊量』前朝日新聞社社長が、

「日朝の国交正常化交渉には、

日本人拉致 疑惑?をはじめ、障害がいくつもある。」と、

北朝鮮が拉致したのは、確実ではないと言うような、
コラムを書いています。

2002年にも、

『木村伊量』前朝日新聞社社長が、

「北朝鮮が日本人を拉致したのは、

戦時中、日本が、朝鮮を支配したのが、

そもそも原因だ。」とコラムを書いています。

そして、
2014年、
『木村伊量』前朝日新聞社社長は、

「朝日新聞が、

【誤った報道で、慰安婦報道の原因をつくった。

でっちあげの誤報を認めた。】と言う人がいますが、

いわれのない非難も含めて、

火の粉をかぶることは、

あらかじめ予想していたことです。

しかし、
私の決意はみじんも揺らぎません。

絶対にぶれません。

そのため、
朝日新聞の慰安婦報道問題に、

けじめをつけてから、

反転攻勢に打って出る態勢を、
整えるべきだと思っています。

他のマスコミは、

日本の偏狭なナショナリズムを鼓舞して、

韓国や中国の敵意をあおっていますが、

朝日新聞では、広い視野で、

日本の植民地支配の歴史の負の部分を、

重視し、

韓国や中国の信頼関係を築いていきます。

正しいのは、朝日新聞です。

朝日新聞の社員には、

常々、理不尽な圧力に絶対に負けるな!」と言っています。

ただ、
未だに、朝日新聞の慰安婦報道問題に、
けじめをつけていません。

そして、
朝日新聞にかぶれている人は多く、

「朝日新聞を読まない人は、
話が合わない。」と言う人を見た事があります。

元NHK職員で、『吉田康彦』元埼玉大学教授は、
1997年に、

「現在日本では、北朝鮮が日本人拉致を行ったと、
思っている人が多いが、

北朝鮮による日本人拉致は、
伝聞に基づくもので、

工作員の特定もされておらず、

実態として韓国安企部の情報操作に、

躍らされている。」と言って、
現在も、そう考えているそうです。

フジテレビは、露骨な程、
韓国寄りの報道機関になっていて、

日本で、一番人気の商品が、韓国の物だと言ったり、
韓流のドラマや音楽、グルメなど韓国の良さを、
他のTV局より沢山放送し、

韓流ブームを、ものすごく先導し

2010年の日本対韓国のサッカー試合は、
韓国に寄りすぎて、

「日韓戦」ではなく、

言いにくいのに、
わざわざ「韓日戦」と名付けていました。

2009年、フィギュアスケートの世界選手権で、
韓国人『キム・ヨナ』が優勝した時は、
表彰式での登場シーンから、

韓国の国歌を、ノーカットで、全て放送していましたが、

2007年、フィギュアスケートの世界選手権で、
日本人の『安藤美姫』、
2008年と2010年のフィギュアスケートの世界選手権で、
日本人の『浅田真央』が優勝した際は、

日本の国旗掲揚、日本の国歌斉唱部分は、
カットしていました。

2011年にロシアで行われた、
フィギュアスケートの世界選手権では、
東日本大震災の直後だったので、

開会式では日の丸をリンクに映し、
その周りで民族衣装を着たスケーターが、
祈りを捧げるというセレモニーが行われるなど、
大会を通して随所で、

日本を励ます演出がありましたが、

大会の独占放映権を持っていたフジテレビは、

これらを全てカットし、

代わりに、
韓国人『キム・ヨナ』特集を、放送したそうです。

それらの功績を認められ、

『日枝久』フジテレビ会長は、

韓国の高麗大学校より、
韓国の良い所を日本に浸透させたという事で、
名誉経営学博士号が授与されたそうです。

ちなみに、
日本の放送局の外国人保有率は、
20%未満という法律があります。

フジテレビの株主名簿上の外国人株主は、
19.9%ですが、

他にも約10%以上、国籍未記載の株主もいるそうです。

もし、
約10%以上の株を持っている国籍未記載者が、
外国人だった場合、

フジテレビは外国人出資法に違反する事になるので、

国籍を明らかにすると、放送中止となるので、
約10%以上の株を持っている国籍未記載者に、
気を使っているみたいです。

ちなみに、
『日枝久』フジテレビ会長は、
韓国を持ち上げるのは、

韓国に頼まれたのではなく、

視聴者の要望があったので、
放送していると言っています。

現在、
フジテレビだけでなく日本テレビも同様で、
テレビ朝日の株式も外国人株主が急増しているそうです。

2011年、
フジテレビに対して、軽い抗議デモはありましたが、

日本の報道機関は、そのことを報道すると、
自分の所へも飛び火する事する可能性があるので、
ほとんど報道しませんでした。

俳優の『高岡蒼佑』が、
フジテレビの韓国びいきを非難した所、
各マスコミから反発され、
事務所から解雇され、
女優『宮﨑あおい』と離婚したそうです。

もし、韓国や中国の報道機関を、

日本が支配し、

韓国や中国で、

日本のドラマが、放映され続けたら、

ものすごい暴動が起きます。

ただし、日本人は基本的に、おとなしいので、
暴動は起きません。

日本の忍者は、
武術的には、まだ継承していますが、
調略技術は、継承されていません、

戦時中あったスパイ養成学校の陸軍中野学校も、
廃校になったし、

現在の日本では、
外国での調略は、不可能に近いです。

ちなみに、陸軍中野学校の卒業生は、
インドネシア独立戦争など、
東南アジアの独立戦争に携わったそうです。

その話は、機会があれば、後日…(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ