FC2ブログ

記事一覧

朝鮮半島情勢(7)-朝鮮戦争(4)

そのため、
アメリカは、無差別の空爆を行いました。

当時のアメリカ空軍パイロットの『ロバート・ヴィージー』は、

「民間人の犠牲は、常に頭の片隅にありました。

しかし、これが正しいことだと信じていたのです。

我々は韓国、
そして、世界の民主主義を守っているのだ。」と、
自分に言い聞かせ、
72回の出撃で数百発の爆弾を、投下したそうです。

ちなみに、朝鮮戦争では、
太平洋戦争で日本に投下された爆弾の約4倍の、
約67万トンが投下されていたそうです。

カーチス・ルメイ司令官は、
「我々は、約3年間で、朝鮮半島の全ての都市を焼き尽くし、
人口の約2割を犠牲にした。

しかし、共産主義陣営を封じ込めるためには、
激しい空爆も正当化される。」と言いました。

さらにアメリカは、
原爆実験の続きをしたかったので、
原子爆弾の使用も検討していたそうです。

原爆投下の計画案では、北京、大連など、
共産主義陣営の26カ所を、
原爆投下の目標に挙げていましたが、

ソ連が、原爆を持っているので、

反撃を恐れて、中止したそうです。

そして、
『金日成(キム・イルソン)』は、
アメリカの空爆と核の脅威にさらされ、

委縮したので、『毛沢東』に、休戦を提案したそうです。

しかし、『毛沢東』は、
自らのメンツを重んじて、

「『金日成(キム・イルソン)』同志よ!
休戦は、敗戦につながる一歩だ。

我々は、戦争のおかげで鍛えられ、
アメリカ帝国主義と戦う貴重な経験を、
得ているではないか。」と言って、
休戦を許しませんでした。

『金日成(金成柱)(キム・イルソン)』は、
『ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン』にも、
休戦を依頼したのですが、

「我々は中国の代表団とこの問題を討議し、
休戦には応じないという結論に達した。以上だ。」と言って、
取り合われることはなかったそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ