FC2ブログ

記事一覧

『西竹一(バロン西)』男爵と愛馬『ウラヌス』(19)

ロサンゼルスオリンピックの時、
各国の馬術選手は、
リヴィエラ・カントリー・クラブで練習したのですが、

その時、『西竹一(バロン西)』男爵に、
非常に可愛がられた、
『サイ・バートレット』という
19歳のアメリカ人がいました。

その後、第二次世界大戦中、
空軍大佐となっていた『サイ・バートレット』は、
日本爆撃の命令を受けました。

その時、
『西竹一(バロン西)』男爵の祖国の日本を、
爆撃することに対して、
非常に悲しみましたが、
命令なので、B29で出撃しました。

ところが、乗機は被弾し、
硫黄島に不時着したそうです。

その時は、硫黄島で、
『西竹一(バロン西)』男爵が、
戦死していた事は、知りませんでした。

そして、
戦争が終わり、『サイ・バートレット』は、映画界に入り、
ハリウッドでも名の知れた脚本家、映画・TVプロデューサーに、
なったそうです。

そして、
1965年、
『西竹一(バロン西)』男爵の消息を求めて、
来日したそうです。

そして一緒に来日した『ケーリー・グラント』を伴って、
『西竹一(バロン西)』男爵の妻『西武子』と会い、
初めて、硫黄島で死亡した事などを知って、
大いに嘆いたそうです。

そして、日本の戦死者が祀られている靖国神社を訪れ、
『西竹一(バロン西)』男爵の慰霊祭を開いたそうです。

その時、
「ロサンゼルスに帰りましたら、
あなたの旧友達にこの報告をするつもりです。

我が友よ安らかに。」と涙を流したそうです。

YOU TUBEで、
『西竹一(バロン西)』男爵の活躍が見れます。


YOU TUBEで動画見れます。

現在、硫黄島は、
海上自衛隊管理の硫黄島航空基地が設置され、
島内全域がその基地の敷地とされています。

そのため原則として基地に勤務する自衛隊員以外は、
島に立ち入ることが禁止されているそうです。

ちなみに、
硫黄島に行った自衛隊員の話では、
夜中に行進する兵隊、徘徊する焼けただれた兵隊、
体の一部が無い兵隊などの心霊現象が、
多く見られるそうです。

しかし、
1994年、天皇陛下が初めて硫黄島を訪れ、
慰霊祭が開かれて以来、
心霊現象は少なくなったそうです。



しかし、現在も、
硫黄島には、沢山の戦死者の遺骨が、
残っているそうです。

ちなみに、

硫黄島では、
人間たちの激しい戦争を潜り抜けて、

現在も鳥のメジロが生息していますが、



メジロは、自分の縄張りを荒らすメジロに、
喧嘩を売る攻撃的な性質を持っているので、

現在も硫黄島では、闘争が続けられています。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ