FC2ブログ

記事一覧

凍死する時(6)-雪ダルマになった猫

モンタナ州カリスペルに住む女性が、
メスの猫を保護し、名前を『Fluffy』と名付け、
飼い始めました。

しかし、今まで、
『Fluffy』は、地域猫として、自由に外で暮らしていたので、
家に閉じこもることが嫌いだったので、
好きな時に、外に出ていたそうです。

『Fluffy』が、約3歳になったある寒い冬の時
気温はー12度の厳しい寒波が来たのですが、
いつものように、外に出たそうです。

しかし、
食事の時間は必ず戻ってくるのに、
戻ってこなかったそうです。

心配になった女性は、探し始めました。

すると、『Fluffy』は、
家の近くで雪に埋もれていたそうです。

フラフ

急いで、
地元の動物病院のThe Animal Clinic of Kalispellに連れて行ったそうです。

猫の体温は、
通常は約39度前後ですが、

『Fluffy』の体温は、
32度以下で、無反応だったそうです。

The Animal Clinic of Kalispellのスタッフ総がかりで、

ぬるま湯、温めたタオル、ドライヤーによって、

緩やかに温めました。
そして、
温度を高くした入院舎の中に入れて、1時間後、
動き始めました。

そして、緊急治療室で一夜を過ごした後、
帰宅できるまでに回復したので、
飼い主とともに帰宅したそうです。

vcb c

これからは、寒波の来る冬は、
家の中でおとなしく過ごすそうです。

多分…。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、
不足したので、
裏まで書いても不足した時には、
2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ