FC2ブログ

記事一覧

ベストフレンド(2)-サイと仲良しの黒猫

サイは草食動物なので、
おとなしいと思うかもしれませんが、

サイを飼育している動物園に行った時、
飼育係は、みんな一様に、
気を付けるようにと言っていました。

何故なら、
視力は非常に弱いので、
怪しいと思えば、攻撃的になるそうです。

ちなみに、
自分が勤務していた大森山動物園では、
サイは、飼育していませんでした。

チェコ共和国のサファリパーク「Dvůr Kralove」で、
サイの部屋に、ネズミが出て、困っていました。

そこで、飼育係が、ネズミ対策とサイの遊び相手として、
1匹の黒猫を連れてきました。

黒猫は、サイを警戒していましたが、
次第に猫とサイの距離は縮まっていき、



その後、
何故か、黒猫の数が増えていったそうです。

黒猫の『Mia』は、子猫だった時に、
サイの『Jasiri』に、尾を噛みちぎられました。

ちなみに、サファリパーク「Dvůr Kralove」は、
サイなどの絶滅危惧種を救うため、保護と繁殖に尽力し、
野生動物を自然へと返す、プロジェクトも行っているそうです。

その後、サイの『Jasiri』は、
アフリカのルワンダのアカゲラ国立公園に、
移動したそうです。

「Dvůr Kralove」のHP

黒猫の『Mia』は、サイの『Jasiri』の母『Jola』にも、
噛みつかれたそうです。

それでも、黒猫の『Mia』は、サイを怖がるどころか、
サイが好きで、何度もすり寄っていくそうです。



YOU TUBEで、
黒猫の『Mia』と1歳の頃のサイの『Emilka』の時の動画が、
見れます。 


黒猫の『Mia』と大人になったサイの『Emilka』の動画

他にも、黒猫の『Džinks』や『Tily』などがいて、
みんな、サイと仲良しだそうです。(続く)



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ