FC2ブログ

記事一覧

『高橋コウ』の不思議な体験談(3)

『高橋コウ』の前を歩いていた息子が、
「お母さん。これ見て!」と言って、
羅針盤を指差しました。

羅針盤を見ると、指針がグルグル回っていました。

しばらくすると、羅針盤の指針は、
前方の方角を指し、回転運動は止まりました。

『高橋コウ』は、
「羅針盤の指針は、北を指すはずが、

初夏の太陽の方向から言えば、
羅針盤の指針は、東南を指している。

おかしい!」と息子と驚いていると、

緑色のガスが、2人を包みました。

2人は緑のガスを吸うと、快いものを覚え、
疲れた体が癒え、身体が軽くなりました。

空を見上げると、
数秒前には間違いなく青だったはずなのに、
濃くすき通った紫の色でした。

地上を見ると、たった今まで苦闘した藪が消えて、
石英が混じったような輝きのある砂地になっていました。

そのため、頭が混乱しました。

ふと、前を見ると、
500m位先の山の中腹に洞窟が見え、
その穴に向かって風が吹いていました。

その洞窟までは、砂地が続き、
木や草は全く生えていませんでした。

そして、山肌は、不思議な緑色の泡で覆われていました。

不思議なことに、緑色の泡は、
風が吹いているのに、地面に吸い付いていて、
離れませんでした。

『高橋コウ』たち2人は、洞窟に行き、
緑色の泡を触ると、粘度が高く、
手がベトベトになり、しばらくすると、
手は真赤になりました。

洞窟内の壁は、
磁石の様に鉄を吸い付けているらしく、
色々な鉄製の物が天井や岩肌に付着していました。

20m位上の天井に数十cmの鉄片が、
付着していたので、気になりました。

試しにジャンプすると、
ここでは、地球の重力とは関係ないらしく、
鉄片を手に入れました。

鉄片は、銅合金の板で、
文字が書いてあったので読むと、
「金星発動機52型昭和19年製三菱航空機株式会社」と
刻み込まれていました。

これは、第二次大戦の末期に、
この附近で不明になった飛行機の部品でした。

そこには、
年代物の銅製品の鍋や萓合羽の支え具が、
散らばってました。

ちなみに、
以前、民主党の『蓮舫』議員は、
「「世界一になる理由は何があるんでしょうか?
2位じゃだめなんでしょうか。」と言いましたが、

金星と言うエンジンは、
三菱航空機株式会社の『深尾淳二』が、

「世界一のエンジン」を目指して作製した
完成度の高い航空機用エンジンだったそうです。

海軍の主力エンジンとして、
多くの海軍機に搭載され、
第二次大戦後期には、
陸軍機にも搭載されたそうです。

2人は、
お互いの顔を見て、
この洞窟に危険を感じ、出ることにしました。

ただし、
足がガクガク震え、強い風もあり、
洞窟から出るのは苦労しました。

なんとかして、
洞窟から出た途端、
白昼ですが写真のフラッシュよりも強烈な白緑色の光線を、
浴び、目がくらんで倒れたそうです。

そして、立ち上がり、フラフラになりながら、
歩いたのですが、

すぐに、2人とも疲れがピークに達していたので、
そのまま意識を失ったそうです。

そして、
ふと目を覚ますと、

あの老婆の住む洞窟の前で寝ていたそうです。

2人は、洞窟に入ってみると、
老婆は、いなかったそうです。

その上、確かにあったいろいろな物は、
何もなかったそうです。

土面を見ると、緑色の泡が、湧き出てきました。

ちなみに、(続く)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ