FC2ブログ

記事一覧

クローン動物(9)ーがん探知犬(8)

皮膚細胞は多種多様な揮発性有機化合物(VOC)を、
放出していることが知られています。

それらの多くは匂いのある物質であるため、
がん、 遺伝子疾患、ウイルス・細菌感染などによって、
化合物の組成が変わることで匂いも変わると考えられ、
病気の診断に利用できる可能性が考えられています。

フィラデルフィアにあるモネル化学感覚研究所の
George Preti博士らにより、
人の健康なメラニン細胞と
皮膚癌のメラノーマから放出されるVOCが特定されたそうです。

様々な種類の細胞を密閉した容器内で培養し、
発生し たVOCを吸収剤によって回収し、
解析し研究を行ったそうです。

その結果、メラニン細胞とメラノーマから発生するVOCが、
明確に区別できることが分かり、
さらにメラノーマ自体も病期によって、
異なる組成のVOCが検出されたそうです。

また、VOCが発する匂いの検出には、
様々な物質を検知することのできる
カーボンナノチューブ(筒状炭素分子)と

極めて微量 の化学物質が付着しても、
その性質の変化が検出出来るナノセンサーが利用され、
実際に上記の相違を区別することができたそうです。

ちなみに、先端素材の
カーボンナノチューブの話に、
なりますが、

ペンシルベニア大学の
A. T. Charlie Johnson博士らが、
カーボンナノチューブは、
癌を検出するのに有効という事で、
研究中との事。

また、京都大学の村上達也助教らは、
カーボンナノチューブを利用し、
癌細胞に近赤外光をあてると活性酸素が生成し、
がん細胞が効率よく死滅することを確かめたそうです。

今回のモネル化学感覚研究所の研究によって、
VOCの特定とその検出という2つの解析技術を合わせることで、
メラノーマ診断のための新たな概念が実証されました。

そして、モネル化学感覚研究所は、
機械を使用しないで簡単に、病気を検出する方法、

動物による疾患に関係する物質の研究も行っています。

揮発性有機化合物など、疾患に関係する物質の
微かな匂いを嗅ぎ取る生き物は、
がん探知犬以外の生き物もいます。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館・動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北・沖縄の
動物病院で勤務しました。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、
時には、歴史の時は、
現地調査までしていたので、

回答欄のスペースでは、不足したので、
裏まで、時には2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、自分だけ白紙が、
2枚配られていました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

知らせてもらえれば、
嬉しいです。

検索フォーム

カウンター