クローン動物(8)ーがん探知犬(7)

漆畑社長は、
幼い時に一命をとりとめてから、
嗅覚が敏感になったそうです。

そして、
お姉さんをがんで亡くされ、
看病したときにお姉さんの臭いが、
変化したのを感じたそうです。

そして、
がんを臭いで診断する「がん探知犬」に、
興味を持ったそうです。

そして、現在は「マリーン」に負けないような
がんの臭いを判定する機械の「人工鼻」も研究中だそうです。
その話は、後で…。

韓国のRNL Bio社によると、
クローン犬は、日本に送られて母親と同じ技能を、
身につけるための訓練を受けているそうです。

1頭の「がん探知犬」を育てるには、
500万円以上の費用がかかるそうです。

現在では、複数の国でがん細胞には特有のにおいがあるのか?
臭いで、がんを初期または治療可能な段階で、
探知できるのか?について、
研究が進められているそうです。

フィラデルフィアにあるモネル化学感覚研究所によると、

健康な細胞と 癌細胞の臭いの違いがあるそうです。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment