FC2ブログ

記事一覧

マタギから聞いた話(11)-秘密

マタギの語り部でもある
シカリのSさん親子から聞いた話を続けます。

その昔、Aさんが15歳になった、

ある雪の日、

父が、「今日からお前は、
一人前のマタギになる。」と言いました。

今まで、
Aさんは、銃の取り扱い方や撃ち方、
獲物の取り扱い方などは、
練習をしていましたが、

実際に山で猟をするのは、
初めてだったそうです。

そして、Aさんは、
父に連れられて、山に行ったそうです。

父と、2時間ほど無言で歩き続けた後、
少し開けた場所に、着いたそうです。

すると、
父は、ナイフを取り出して、Aさんに渡して、

「親指の先を傷つけて、少しでいいが血を出して、
地面にしみ込ませろ。」と言ったそうです。

Aさんは言われた通り、ナイフで指を切り、
その血で、地面の雪が染まると、

父は、聞いたことがない呪文を唱えて、
空に向かって、何発も銃弾を放ったそうです。

そして、父は、
「山から獲物をもらうのも、我らの山神様のおかげだ。

これからは、お前が1人でここに来て、呪文を唱えろ。

そしたら、この場所に獲物がいるはずだ。

この事は、
我ら家族だけの秘密だ。

もし守らないと、
獲物が取れなくなる。」と言い、
呪文を教えてくれたそうです。

そして、
Aさんが振り向くと、
確かに、ウサギがいました。

すると、
父は、Aさんに撃てと言いました。

そして、Aさんは、
初めての獲物を得ることが出来ました。

他の人が不猟だという日でも、

その後何年も、マタギのAさんは、
獲物が取れない日は、無かったそうです。

そして月日が流れ、マタギのAさんは、年を取り、
引退することにしました。

しかし、Aさんの子供、そして孫たちは、
年収や労働条件の厳しさなどから、
マタギにならなかったそうです。

そのため、
家族でマタギを継ぐ人が、いなくなったので、
Aさんは、この話を、家族以外の人にしたそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ