FC2ブログ

記事一覧

マタギから聞いた話(7)-鳥海山(大物忌神)

マタギの語り部でもある
シカリのSさん親子から聞いた話を続けます。

鳥海山に伝わる古書には、
「東北の空に大蛇が、2つ飛びゆき 

鳥海の嶺に、下降した。」と書かれています。

その昔、秋田と山形に跨がる「鳥海山(大物忌神)」は、
国家を守り、穢れを清める神と考えられていました。

鳥海山は火山ですが、
噴火は大物忌神の怒りであると考えられたので、
噴火の度、神階が授けられたので、

正五位下から始まり、正二位まですすんだそうです。

871年におきた鳥海山の噴火について、
平安時代に編纂された「日本三代実録」の中で、

出羽国司は、

「出羽の名神に祈祷したが、後の報祭を怠り、
また墓の骸骨が山水を汚しているため怒りを発して山が焼け、
この様な災異が起こった。

山中より流れ出る河は青黒く色付いて泥水が溢れ、
耐え難いほどの臭気が充満している。

死んだ魚で河は塞がり、

約30mの大蛇が2匹が相連なって、
海へ流れていった。

それに伴う小蛇は数知れず。」と大蛇の報告をしています。

ちなみに、現在でも、鳥海山では、
何故か?8月に、大蛇を見たり、大蛇の通った跡を、
見る事が多いそうです。

そのため、鳥海山周辺住民は、
大蛇がいると信じている人が多いそうです。

YOU TUBEで動画が、見れます。

ちなみに、大型の蛇の全長は、
麻酔をかけたり死亡でないと、
大蛇の力がすごいので、
まっすぐに伸ばして全長を測定することは、
かなり困難です。

インドネシアの動物公園で、
約15mのアミメニシキヘビが、
飼育されていると言われていいましたが、
実際の長さは、約6.5mだったそうです。

ちなみに、
大森山動物園勤務の時、上野動物園から寄贈された、
2-3m位のアミメニシキヘビが、2匹いました。

元々、アミメニシキヘビの視力は、弱いのに、
1匹は完全に失明していたので、

1度、共食いをしそうになったことがあります。

アミメニシキヘビの唇のところにのくぼみに、
熱を感知して、
赤外線でモノをとらえることが出来るピット器官があり、

大森山動物園では、生き餌を与えていたので、
反対方向から、お互いに、生き餌の熱を感じ、

飲み込んでいった結果、1匹の口から、
他の個体の尾が見えるだけになった事がありました。

その時は、
普段でも蛇は独特の触感がある上、
蛇の唾液でよりヌルヌルしているので、

飼育係と言っても、
全ての動物を好きなわけではなく、
蛇を嫌いな人もいるので、

蛇を持っても平気な飼育係に集合してもらい、
引っ張って助けました。

ちなみに、
大森山動物園に勤務前に、
オーストラリアのメルボルン動物園で実習したのですが、

その時、
蛇に、吸入麻酔をかけることになり、
気管チューブを入れましたが、

学校では、気管チューブ挿管方法を勉強しましたが、
実際に、気管チューブを入れたのは、

実は、その時が初めてでした。

ちなみに、
水族館の時は、吸入麻酔器自体が無かったし、
イルカやアシカで麻酔かけるような事態になったことがなく、
サメなどの魚の麻酔は、麻酔薬を水に溶かして麻酔をかけていました。

ちなみに、今は普通に、
吸入麻酔時に、気管チューブを入れています。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ