FC2ブログ

記事一覧

マタギから聞いた話(9)-なした?

マタギの語り部でもある
シカリのSさん親子から聞いた話を続けます。

秋田の阿仁のマタギの集落には、
熊の胆を求めてやってくる商人がいました。

沖縄国際海洋博覧会が開催された1975年頃の話ですが、

いつも来ている富山の薬商人が、

マタギの家を一軒一軒回って、
熊の胆などの熊関係の薬の材料を、
買い付けに来たそうです。

狭い集落なので、薬売りの動向は、
誰でも知っていました。

しかし、いつも全軒回ってから帰るのに、
今回は、2-3軒回った後、
いつも来る家に来ませんでした。

商人の消息が無くなり、
集落の人たちは、心配になったので、
捜索する事にしました。

すると、その商人は、
裸で、山奥の沢の中にいました。

集落の人たちは、沢から引き揚げて、
話を聞きました。

その商人の話によると、

いつものように買い付けをしていると、
物凄い美人が、辻の所に立っていて、
家に来て、休まないかと声をかけて来たそうです。

商人は疲れていたので、
その美人の家に、ついて行ったそうです。

そして、風呂に入ってから休みなさいと言われたので、
風呂に入ってゆっくりしていたら、

集落の人たちに声が聞こえてきたので、

ふと、周りを見たら、風呂に入っていたのに、
風呂ではなく、沢に入っていたそうです。

その話を聞いた集落の豪胆な若者が、

「そんな事があるわけない。

おそらく、
酒でも飲んで、酔っぱらっていたんだ!

もし、物の怪の類がいたら、
捕まえてやる!」と息巻いたそうです。

そして、豪胆な若者は、
夜中に商人が美人と出会った場所に、
酒を飲まずに、行きました。

すると、道の真ん中に、
しゃがみこんでいる人がいました。

豪胆な若者は、

「なした?(標準語で、どうしたんだ?)
あんべわりのか?(標準語で、どこか具合が悪い?)」と声をかけましたが、
相手は、しゃがみこんだまま動かなかったそうです。

ちなみに、
秋田県のキャッチフレーズは、

「あんべいいな秋田」です。

ちなみに、
2001年のアメリカのテロ事件の余波を受け、
「アメリカ軍基地があるから危険だ」ということで、
深刻な観光ダメージを受けた時の沖縄のキャッチフレーズは、

「だいじょうぶさ~沖縄
(うちなーぐち (沖縄の方言)で、
なんくるないさー沖縄)」でした。

豪胆な若者は、聞こえなか、
あるいは、方言が分からない都会の人かと思い、

「何か、助けがいるのか?」と、
もう一度、標準語で、ゆっくりとはっきりした言葉で、
大声で声をかけると、

しゃがみこんだ人が、振り返ったそうです。

ちなみに、
自分も、秋田に来た時は、
秋田弁は分かりにくかったので、
市役所の外回りの仕事で、
ディープな秋田弁をしゃべる人との対話には、
通訳を付けてもらいました。

今は、秋田弁は、
大体は、分かるようになりました。

豪胆な若者は、その人を見た途端、

「ワー」と叫び声をあげたのまでは覚えているのですが、

どうやって帰ったかは分かりませんが、
気が付いたら家にいたそうです。

その後、豪胆な若者は、
3日間高熱でうなされたそうです。

後日、豪胆な若者が、回復した後、集落の人に、

「振り返ったのは、人ではなく、
妖怪か悪魔か?何かは分からないが、
とにかく怖い物だった。」と話したそうです。

集落の人々は、
狐に化かされたと噂したそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ