クローン動物(7)ーがん探知犬(6)

そのため、日本の株式会社シームスが、
ソウル大学の李柄千(Lee Byeong-Chun)教授率いる
クローンチームと韓国のRNL Bio社に、

「がん探知犬マリーン」の
クローン犬の育成を要請したそうです。

そして、「がん探知犬マリーン」の
採取した皮膚をもとにして、
クローン犬4頭の作成にも成功したそうです。

Microsoft Word 文書__WwG_7

ちなみに、株式会社シームスは、
再生医療や香りの力を使った商品を、
開発しているユニークな会社です。

例えば、お菓子屋の店頭で甘い匂いを発生させて、
購買意欲を高める装置、

消臭・抗菌効果のある香り発生機など、
色々な商品を開発しています。

面白い商品として、
わさびの匂いで火災を知らせる
「臭気発生装置」もあります。

わさびの臭いの成分が、
神経を刺激するそうです。

その臭いは、
熟睡中の人でも察知するほど強力で、
火災警報器の音が聞こえなくても、
気づくことができるそうです。

シームスの漆畑直樹社長は、
ある体験から臭いに、
より関心をもったそうです。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment