FC2ブログ

記事一覧

不死身の分隊長-『舩坂弘』(6)

『舩坂弘』さんは、
死体置き場に3日間放置されていましたが、
突然、息を吹き返しました。

医療器具を見て、
情をかけられたと勘違いし、
医療器具を叩き壊ました。

物音を聞いたアメリカ兵は、
駆けつけました。

すると、『舩坂弘』さんが、
死体の中から、出て来たので
アメリカ兵は、あまりの恐怖に、叫び声をあげ、
パニックになったそうです。

そして、正気を取り戻したアメリカ兵は、
蘇った『舩坂弘』さんに、銃口を向けました。

すると、『舩坂弘』さんは、
向けた銃口に、向かって行きました。

そして銃口に自分の身体を押し付けると、
「撃て! 殺せ! 早く殺せ!」とうなり声をあげて、
ふたたび気を失いました。

不死身の日本兵の話は、
アメリカ兵の間で瞬く間に話題となりました。

米軍は、『舩坂弘』さんに恐れをなしながらも、
その勇気を称え、「勇敢なる兵士」の名を贈ったそうです。

そして、『舩坂弘』さんは、軍医の治療で、
数日で歩けるまでに回復したそうです。

そして、
隣のペリリュー島に送られました。

「勇敢な兵士」の伝説は、
ペリリュー島にまで伝わっていました。

ちなみに、
『舩坂弘』さんは、
所属が判らぬようにするため、

『福田』という偽名を使っていたので、

米軍は、『グンソー・フクダ』は、
要注意人物なので、
監視を怠るなと言われていました。

やはり、『舩坂弘』さんは、
ペリリュー島の空港にある米軍の飛行機が、
沢山あるを見て、

「このままいくと、日本本土が危ない。
今自分に出来る事をしなければいけない。

よし!あの飛行機を、出来る限り破壊して、
日本全土が焦土化するのを、
防がなければいけない。」と心に誓ったそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ