FC2ブログ

記事一覧

日本を守るために命をかけて戦った人々(8)-遺書(6)わが子へ

『植村眞久』海軍大尉(25歳) の遺書

1944年、10月26日、 レイテ島東方で特攻戦死



【素子へ 

素子は私の顔を能く見て笑いましたよ。
私の腕の中で眠りもしたし、
お風呂に入ったこともありました。

素子が大きくなって私のことが知りたい時は、
お前のお母さんや佳代叔母様に私のことをよくお聞きなさい。
 
素子という名前は私がつけたのです。

素直な、心の優しい、思いやりの深い人になるようにと思って、
考えたのです。
 
私はお前が大きくなって、立派なお嫁さんになって、
幸せになったのを見届けたいのですが、
決して悲しんではなりません。
 
お前が大きくなって、父に会いたいときは、
九段にいらっしゃい。

そして心に深く念ずれば、
必ずお父様のお顔が、
お前の心の中に浮かびますよ。

お前の伯父様、叔母様は、
お前を唯一の希望にしてお前を可愛がって下さるし、
お母さんも亦、御自分の全生涯をかけて、
只々素子の幸福をのみ念じて生き抜いて下さるのです。
 
親無し児などと思ってはなりません。
 
父は常に素子の身辺を護っております。

優しくて人に可愛がられる人になって下さい。

お前が大きくなって私のことを考え始めたときに、
この便りを読んで貰いなさい。

追伸、

素子が生まれた時おもちゃにしていた人形は、

お父さんが頂いて、

自分の飛行機にお守りにして居ります。

だから、最後まで、
素子はお父さんと一緒にいたのです。】

1967年、22歳になった『植村素子』さんは、
靖国神社に鎮まる父の御霊に、自分の成長を報告し、

拝殿で、母や家族、友人や父の戦友たちの見守る中で、
6歳の時から習い始めた日本舞踊「桜変奏曲」を舞い納め、



「お父様との約束を果たせたような気持ちで嬉しい」と語ったそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ