FC2ブログ

記事一覧

糞尿の話(2)

最近、
映画「超高速!参勤交代」を見ましたが、

江戸時代の参勤交代は、
藩主を1年おきに、江戸と国元を往復させ、
幕府への忠誠を示させる制度です。

藩としても、権威と忠誠心の大きさを示すため、
また体面を地味にはしたくない思惑も重なり、
豪勢な大名行列を作り上げて、
江戸へと馳せ参じていました。

しかし、
参勤交代1回の諸経費全て合計すると、
なんと…、
約7億円と莫大な費用がかかるので、
財政的に厳しい藩にとっては大きな負担でした。

でも、
幕府にとって、参勤交代の制度は、
各藩の財力を低下させ、
幕府に対して反抗する気を無くすためにも、
必要な制度でした。

しかし、各藩にとって、
参勤交代は、力と格を見せつける絶好の機会だったのですが、
いつも整然と行進していたわけではなく、

関所や江戸市中、国元の出入りなど、
ピンポイントで、足りない時は、人を雇ったりして、
隊列をつくり、行進する事もあったそうです。

関所では、
あらかじめ、先行部隊が、
通過する前に関所に連絡したそうです。

そして、
通過時は、槍や鉄砲は横向きに持ち、
藩士は陣笠を脱いで手に持ち、

藩主は駕籠に乗ったまま、
駕籠の戸を開けて関所役人に姿を見せ、
挨拶して、関所を通過したそうです。

そして、
参勤交代中の殿様のトイレですが、
いつ何時刺客に襲われるかわからないし、

各藩の平均値から、移動距離は、
1日に約35kmという、
トイレ休憩も惜しいほど、強行軍だったので、

参勤交代には、
携帯用トイレが設置されていた、
厠駕籠が随行していたそうです。

殿様がトイレに行きたくなった時、
家来が合図すると厠駕籠が、
殿様の駕籠に横付けされるので、
殿様は厠駕籠に乗り移って用を足し、
用がすんだら元の駕籠に戻ったそうです。

その間も、参勤交代の行列は、
止まることなく進んだそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ