FC2ブログ

記事一覧

井伊直孝とひこにゃん

滋賀県彦根市のゆるキャラの『ひこにゃん』のモデルは、
招き猫だそうです。

ひこにゃん

招き猫の由来はいろいろありますが、
そのうちの一つは、
東京都世田谷区の「豪徳寺」だと言われています。

江戸時代、
彦根藩2代目藩主『井伊直孝』が、
鷹狩りの帰り、小雨が降ってきたので、
木の下で、雨宿りをしていたそうです。

すると、そこへ、
1匹の白い猫が来て、
手招きをする様な仕草をしたので、
気になって、行って見ると、

白い猫はそのまま、近所にあった、
荒れ果てた小さな寺の
「弘徳庵(後の豪徳寺)」の門の所に行き、

そして、再び、
手招きするような仕草をしたそうです。

『井伊直孝』は、面白いと言って、
「弘徳庵」の境内に入り、
雨宿りをすることにし、
「弘徳庵」の和尚と話をしました。

そして、白い猫は、
「弘徳庵」の和尚の飼い猫と分かりました。

「弘徳庵」の和尚と話をし始めて、
数分後に、ものすごい雷雨となり、

先ほど雨宿りをしていた木に、雷が落ちたそうです。

『井伊直孝』は、
「もう少しで、雷の直撃を受ける所だった。
猫のおかげで、助かった。」と感謝し、

「弘徳庵」を建て直すために、多額の寄進をしました。

その後、「弘徳庵」は、
『井伊直孝』の
戒名「久昌院殿豪徳天英居士」にちなんで、
「豪徳寺」と改名し、井伊家の菩提寺となり、
寺も立派になりました。

ちなみに、幕末に「桜田門外の変」で暗殺された、
『井伊直弼』の墓もあるそうです。

その後、「豪徳寺」の和尚は、
この白い猫が死んだ時、墓を建てたそうです。

そして、
白い猫の手招きが寺の隆盛のきっかけになったことから、
「福を招き縁起がいい」として、
沢山の人々がお参りに来るようになったので、

境内に、「招猫殿」が建てられ、

白い猫が片手を挙げている姿をかたどった
「招福猫児(まねぎねこ)」が、
作られるようになったそうです。

ちなみに、
「招き猫」は、一般に右手あるいは左手を掲げて、
反対の手で小判を持っている事が多いのですが、



「豪徳寺」で、販売されている「招福猫児」は、
全部右手を掲げ、小判を持っていません。



その理由は、
「豪徳寺」は、井伊家の菩提寺ですが、
武士にとって左手は不浄の手のためであるという事と、
「招福猫児」は、機会を与えてくれるが、
小判までがついてくるのではなく、

その機会を生かせるかは、
本人の努力次第という事で、
小判を持っていないそうです。

「招猫殿」の隣には、願が成就したお礼として、
数多くの「招福猫児」が奉納されています。



ちなみに、
『井伊直孝』には、猫だけではなく、
犬の話も残っています。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ