FC2ブログ

記事一覧

『スタビー軍曹』の活躍(2)

『Robert Conroy』兵卒は、愛犬『Stubby』を、
コートに隠して、軍艦ミネソタに乗船しました。

そして、燃料タンクの陰で飼育していました。

しかし、
司令官が、『Stubby』を見つけ、激怒しましたが、
部隊の人達たちの嘆願や、

『Stubby』が、得意技の敬礼するのを見て、



司令官は、ニコッとし、
部隊に所属する事を認められました。

そして、
1918年2月、フランス北部の戦地に駐留した直後、
突然、敵からの毒ガス砲攻撃を受け、

『Stubby』は、苦しみました。

その後、
『Stubby』は、手厚い手当により、回復しましたが、

苦しんだせいで、

毒ガス等の化学物質に、ものすごく敏感に反応するようになり

いち早く毒ガス攻撃を察知し、警戒の声を上げ、塹壕を走り回って、

眠っている兵士たちに向かって、

吠えたり噛んだりして、起こしたので、

素早くガスマスクを着ける事が出来たので、
多くの兵士が助かりました。

そして、
兵士たちは、『Stubby』にも、
ガスマスクをかぶせたそうです。

またある時は、『Stubby』は、
最前線まで徘徊し、味方の負傷兵を見つけて、
軍医に知らせたそうです。

そして、『Stubby』は、
話している言語に対しても敏感に反応したので、
塹壕地図を作ろうとしていた敵のスパイに気が付き、
逃げようとするスパイの足に咬みつき、
逃亡を阻止し、捕まえた事もあるそうです。

『Stubby』は、フランス上陸から、1年半4つの攻撃と
17の交戦に参加しました。

手榴弾に被爆し、前足を大怪我し、後方部隊に送られましたが、
人懐っこい性格から、兵士たちに可愛がられ、
後方部隊の兵士たちの士気が上がりました。



そして、『Stubby』は、
その活躍により、軍曹に昇進しました。

犬が軍曹にまで昇進したのは、
アメリカ史上初だそうです。

jk

軍曹と言えば、
海外のTVドラマ「コンバット」の
サンダース軍曹を思い出します。



海外のTVドラマ「コンバット」は、
大好きで、大阪にいる時、
再放送があったので、
録画して、よく見ていました。

そのため、学生時代は、
第2次世界大戦における歩兵戦を、まるごと再現した
ボード版のウォー・シミュレーションゲームの
戦術級「スコードリーダー」シリーズや「パンツァー」シリーズ、
戦略級「タクテクスII」などのアバロンヒル社のゲームのほか、
海外製や日本製のボード版のウォー・シミュレーションゲームを、
友人とよくやっていました。


この雰囲気は、懐かしい

そして、兵法書にはまり、
「孫子」、「呉子」、「六韜」、
『宮本武蔵』の「五輪の書」、
『クラウゼヴィッツ』の「戦争論」、
『マキャヴェッリ』の「君主論」、
『児島 襄』の「第二次世界大戦 ヒトラーの戦い」、
『 パウル・カレル』の戦記物シリーズ、
『ジェームズ・F・ダニガン』の「ウォーゲーム・ハンドブック」、

そして、ホビージャパンの
ウォー・シミュレーションゲーム専門誌
「タクテクス」も購読して、読んでいました。

でも、勉強などで、友人たちが忙しくなり、
だんだんと相手がいなってきたので、
ヴィクトリー・ゲーム社の1人用ボードゲーム「アンブッシュ!」や、
1人でも出来ると期待してPC版を購入しましたが、
残念な感じの出来上がりでした。

今は、ゲームをやる時間が、あまりありませんが、

携帯型ゲームで、「信長の野望」だけは、
先祖が果たせなかった日本征服を果たすべく、

先祖と血縁関係のあった島津家担当で、
病院や食堂などの待ち時間に、
時々しています。

ちなみに、
先祖の仇『大友宗麟』を倒した時は、
雪辱を果たした気分になります。

でも、1992年に「タクテクス」が廃刊し、
そして、1998年にアバロンヒルが、
解散して残念です。

ただし、海外には、
ボード版ウォー・シミュレーションゲーム雑誌の
「Strategy & Tactics 」が頑張って、
発刊していますが、
今の所、読む時間が無いので、
購入予定はありません。

でも、
実物を見ると、欲しくなると思います。

ちなみに、
飼い主の『Robert Conroy』は、一般兵卒だったので、
犬の『Stubby』の方が、上官となったそうです。



そして、
『Stubby』の一連の活躍が新聞に報道されると、
全米の英雄となったそうです。



そして、帰国後、
『Stubby』軍曹は、米国在郷軍人会や
アメリカ赤十字社、「Y.M.C.A.」の生涯名誉会員となり、
ジョージタウン大学では、公式マスコットに任命されました。



その後、『Stubby』軍曹は、
『Robert Conroy』が、飼い続け、アメリカ大統領とも、面会し、
その後、
1926年に永眠し、スミソニアン自然史博物館によって剥製にされ、
現在は国立アメリカ歴史博物館に展示されているそうです。

そして、映画にもなったそうです。
あdf
(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ