FC2ブログ

記事一覧

『James Bowen』の人生を変えた猫の『Bob』(7)

出版社が、『James Bowen』と『Bob』の事を知り、

『Bob』との話についての本を書いては?
と提案してきました。

そして、
本は出版と同時に、
イギリスで80万部以上の大ヒットとなり、



世界28各国以上に翻訳されました。



『James Bowen』の話は、
「A Street Cat Named Bob 」というタイトルで、
映画化されたそうです。

ちなみに、映画には、
『Bob』が出演しているそうです。

『Bob』の出演料は、
『Bob』の大好物の「Whiskas」の猫用ミルクと
「KRAFT」のチーズだったそうです。

そして、気を良くした『James Bowen』は、
続編「ボブがくれた世界」など、
3冊の本を書いたそうです。

本はベストセラーになり、
多額の印税が、入るようになったそうです。

ちなみに、
現在、4冊目の構想を練っているそうです。

そして、
生活は楽になり、『Bob』と住む家を購入し、
路上ライブを続けながら、『Bob』と暮らしているそうです。

ちなみに、現在、もう1頭茶色い猫が増えたそうです。

そして、
多額の印税は、生活に最低限必要な金額を引き、
そのほとんどを、
捨てられた犬猫を救済する基金に、
寄付しているそうです。



ファンの方々から、
プレゼントされる『Bob』のマフラーも、
毎日違うマフラーを付けれる位、相当な数があるそうです。







そして、『James Bowen』は、
今でも『Bob』と一緒に大好きな音楽を、
ロンドンで奏でているそうです。



『James Bowen』は、

「帰ることができる家と、
普通の生活さえあればそれでいいんだ。

もちろん、『Bob』と一緒にね。

生きている意味が無いようなどん底だった人生に、
『Bob』が、生きていて良かったと思えるような、
素敵な人生をくれたんだ。

これからは、『Bob』が僕を支えてくれたように、
他の人を支えていけるようにしたいんだ。

誰かに助けを借りることを恐れてはいけない。

きっと、チャンスは、どこにでもあるはず。」と、
語っています。

でも、
有名人になって、1つ辛い事があったそうです。

それは、自分の母親が、

「『James Bowen』の母」という自伝を書いて、
宣伝しはじめたので、

『Bob』と母は、何の関係ないし、
恥ずかしいのでやめろと喧嘩して以来、
口をきいていないそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ