FC2ブログ

記事一覧

『伯夷』、『叔斉』と『徳川光圀』(2)

水戸徳川家で、
尾張と紀州の嫡男が生まれた後の、
1628年に生まれた3男『徳川光圀』を、
長男を差し置いて、嫡男としたそうです。

何故、『徳川光圀』が、
嫡男とされたのかと言うと、

別段、優秀だったからと言うのでは、
ありませんでした。

1632年に、
『徳川光圀』を預かる『三木之次』が、
『徳川頼房』に、
「『長丸(千代松)(徳川光圀)』は、
殿(『徳川頼房』)の子なので、
認知して下さい。」と願い出たそうです。

実は、『徳川頼房』は、
水子にしたと思い込んでいたので、
『松平頼重』、『徳川光圀』の2人の存在を、
知らなかったそうです。

武家諸法度では、実子であっても、
勝手に妾腹の子を嫡子にしてはダメで、

幕府に届ける事になっていました。

そして、届け出る前には、

父子の対面をし、
認知をした上で世継ぎ候補とし、

老中の審議を受け、
更に幕府の使者が面接を行い、

その報告を受け将軍が、
嫡子を認める決まりになっていました。

三木家の反対勢力が、動きを封印するように、
幕府に働きかけ、お家騒動になりそうになったので、

その昔、
『徳川頼房』の守役で、
『徳川頼房』の若い頃の蛮行を諫めた
水戸藩家老『中山信吉』が、
急いで江戸に行きました。

そして、近日中に、
江戸で、三木家が預かっている『徳川光圀』が、

『徳川頼房』の実子認知に向けて、
対面する事が決まりました。

すると、京で、『松平頼重』を預かっていた滋野井家も、
慌てて『松平頼重』を、江戸に呼び寄せたそうです。

そして、1632年に、『松平頼重』と『徳川光圀』が、
水戸徳川家の『徳川頼房』に認知されました。

そして、将軍『徳川家光』の裁定で、
『徳川光圀』が、水戸徳川家の世継ぎに決まりました。

何故なら、
『松平頼重』は、京都から来たので、
江戸に住んでいた『徳川光圀』より、
『徳川頼房』との対面が、
遅れたので、世子候補から外れたそうです。

そして、水戸徳川家では、
『松平頼重』は、次男扱いとなったそうです。

その後、『松平頼重』は、
16万石の讃岐高松藩が与えられました。

それは、
尾張徳川家の公称62万石、紀伊徳川家の公称56万石、
水戸徳川家の公称35万石ですが、

他の徳川家の藩では、
もっと少ない所もあったので、
16万石は、破格の扱いでした。

これは、将軍『徳川家光』が、
本来長男でありながら水戸藩主になれなかった
『松平頼重』を不憫に思ったからとも言われています。 (続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ