FC2ブログ

記事一覧

『伯夷』、『叔斉』と『徳川光圀』(1)

TV『水戸黄門』のモデル『徳川光圀』は、
水戸藩の第2代藩主ですが、
水戸徳川家の初代『徳川頼房』の三男でした。

『徳川光圀』の母は、
『谷重則』の娘『久子(お久)(久昌院)』ですが、
正妻でもなく、正式な側室ではなかったそうです。

『お久』の母親が、大奥女中を務めていたので、
一緒に連れられて、城に出入りするうちに、
『徳川頼房』に気に入られて、
『徳川光圀』の兄『松平頼重』を懐妊しました。

当時、
水戸徳川家では、
正式な側室『お勝(円理院)(佐々木勝)(圓理院)』と、
『徳川頼房』の乳母『三木武佐』が、
激しい権力抗争をしていたそうです。

正式な側室『お勝』は、他の側室の子を、
堕胎するよう『徳川頼房』に迫まったそうです。

正式な側室『『お勝』に頭が上がらない『徳川頼房』は、
『お久』に、堕胎を命じたそうです。

そのため、『お久』は、
『徳川頼房』の乳母『三木武佐』と談した結果、

江戸の三木家の屋敷で、
密かに『松平頼重』を生ませて、
三木家の長女の嫁ぎ先の
公家の大納言『滋野井大納言季吉』の子として、
引き取ってもらう事にしたそうです。

そして、『松平頼重』は、
京都の天龍寺慈済院で、育てられ、
『洞叔寿仙』のもとで、学問を学んだそうです。

そして、その後、出家する事が決まっていました。

『徳川光圀』の時も、同様に堕胎の命令が出されましたが、
同じ様に三木邸で生まれ、
『三木之次』、『三木武佐』夫妻の子として、
江戸で、育てられたそうです。

『お久』は、5人出産しましたが、他の弟や妹には、
堕胎命令は、なかったそうです。

水戸徳川家の嫡男を誰にするかと言うのは、

水戸徳川家というひとつの家だけの問題では、
なかったそうです。

1622年に、『松平頼重』が誕生した時点では、

将軍『徳川家光』に男子がなかった上、

「将軍家に後嗣が絶えた時は、
尾張徳川家か紀州徳川家から養子を出す。
それでもいないなら、水戸家から。」と決まっていて、

徳川御三家では、家柄から言うと、

水戸徳川家より、
尾張徳川家、紀州徳川家の方が、
上でしたが、
男子が生まれていませんでした。

そのため、
徳川御三家で、
最下位の水戸徳川家に嫡男が生まれてしまうと、
それはただちに、"将軍継承権第一位"に、
なる事を意味しているので、

『松平頼重』を水戸徳川家の嫡男にするのは、
他家に対して、憚られました。

1625年、尾張徳川家嫡男『徳川光友』、
1627年、紀州徳川家嫡男『徳川光貞』が生まれた後に、
水戸家で、動きがありました。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖は笛が得意で、
後白河法皇、後鳥羽天皇に、
褒められた事があります。

自分も、子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ