FC2ブログ

記事一覧

光る動物(31)(カイコ)-カイコを始めた黄帝の話(24)-蜚廉から風伯へ(16)

殷軍の兵士数は、約70万という大軍でしたが、
周軍の兵士数は、約40万だったそうです。

しかし、周軍は数の上では、確かに劣勢でしたが、

『発』は、今まで調略を行っていたので、
内応者が多数いたし、

神官や、殷に服属している嫌々ながら参加している
属国の兵士たちが、殆どだったので、

周軍を見るや否や、
次々に殷軍から周軍に寝返りました。

そして、
賄賂が好きだった宦官『費仲』は、戦いの中、

助命の為、周軍に賄賂を渡しましたが、

その効果もなく、
大雪の中で、凍死したそうです。

殷軍は、どんどん撤退していったので、
これ以上戦うのは無意味だと考え、
『紂王』の兄『微子啓』は、
和睦を主張しましたが、

『紂王』は、聞く耳を持っていませんでした。

『微子啓』は、弟『紂王』と共に、
祖国に一命を捧げるか、
あるいは、
「殷」の祖廟が無くなるのを防ぐため、
祖国を捨て、「周」の『発』の所に行くかについて、
迷っていました。

そして、
音楽を心から愛していた『微子啓』は、

音楽に限らず色々な方面の知識が豊富で、
日頃から色々な相談に乗ってもらっていた、
尊敬する楽官の太師『疵』、少師『彊』に相談すると、

即答で、「一緒に、「周」に行きましょう。」と言いました。

そして、『微子啓』は、
「商(殷)」の祖廟の28代の神主像を持ち、
弟『微子衍(微仲衍)』と太師『疵』、
少師『彊』と共に国を去りました。

そして、『紂王』の2人の異母兄
『微子啓』と『微子衍(微仲衍)』は、
太師『疵』、少師『彊』を伴い、
「周」の『発(武王)』の元を訪れ、
降伏を申し出ました。

その時、『微子啓』と『微子衍(微仲衍)』は、
完全降伏という事で、
武器を持っていないという事で、

裸で、左手には、羊につけた紐、
右手には、茅を持ち、
地面に頭を付け、許しを請いました。

すると、『発』は、「頭を上げて下さい。
これからは、私たちの仲間です。」と言って、
快く許したそうです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ