FC2ブログ

記事一覧

光る動物(17)(カイコ)-カイコを始めた黄帝の話(10)-蜚廉から風伯へ(2)

『妲己』の父は、政治家には珍しい位
清廉な冀州候『蘇護(蘇忿生)』でした。

『紂王』に、気に入られていた宦官『費仲』は、
本来、貢物を貰うような立場ではないのに、
『紂王』に、気に入られていたのをいいことに、
諸侯に賄賂を要求していました。

しかし、清廉な冀州候『蘇護』が、
賄賂を嫌い、貢物をを送らないので、
宦官『費仲』は、思い知らせるため、
美女好きな『紂王』に、『蘇護』の娘『妲己』が、
物凄い美人だと勧めたそうです。

そして、『紂王』が、
『蘇護』に娘『妲己』を、
差し出せと迫りましたが、

「娘を差し出してまで、
出世しようとは思いません。

君主が色欲に溺れ、民を顧みなければ、
国力は衰え、滅びます。」と諌めたところ、

『紂王』は、逆上し『蘇護』に死刑を言い渡しました。

しかし、
『費仲』が弁護したため、『蘇護』は放免されました。

『費仲』が弁護したのは、
恩を売りつけるためと気が付いていた『蘇護』は、
礼は言ったものの、
『費仲』に賄賂は渡しませんでした。

そのため、『費仲』は、
自分を甘く見るとどうなるか、見せしめが必要だと考え、

『紂王』に、
「『蘇護』は、戦いの準備を始めている。」と言って、

残酷で貪欲で、
「通った後は、草すらも残らない。」と評される
四大諸侯の1人の北伯候(曹州侯)『祟候虎(崇侯虎)』による、
『蘇護』の討伐を勧めました。

『蘇護』は、
「相手がその気なら、城を枕に討ち死し、
陛下が己の愚行に気付かれんことを願う。」と言って、
戦いの準備をしました。

『祟候虎(崇侯虎)』は、最初、大敗を喫したのですが、
弟の『崇黒虎』の援軍を受けて、
『蘇護』の息子『蘇全忠』を捕らえました。

その後、戦いは、一進一退が続きました。(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

詳しくは分かりませんが、下のマークを、

ランキング

クリックすると、点が入るらしい

ジャンルランキング

カテゴリ

鳥 (2)
魚 (5)

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館、動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北、沖縄の
動物病院で勤務しました。

短期間ですが、
オーストラリアなど
海外の複数の動物園や水族館で、
研修した事があります。
詳しくは、
別のブログ「あっちこっち雑記」で。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、

特に歴史の時は、
現地調査までする事があったので、

筆記試験の時は

関連事項まで、詳細に書くと、

テスト用紙の回答欄のスペースでは、

ものすごく不足したので、

裏まで書いても不足した時には、

2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、
白紙が、2枚配られるようになりました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

水族館、動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉や細かい所などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

検索フォーム

月別アーカイブ