これは?(24)-透明?(2)-日本の虫

透明な翅を持つ虫として有名なのは、
日本に生息している
ジンガサハムシ(Aspidomorpha indica Boheman)です。

ジンガサハムシ(陣笠葉虫、Aspidomorpha indica Boheman)

ヒルガオの葉を食べているですが、
体長が、約8mmなので、
よく観察しないと見つけられません。



他には、
きれいな花を咲かせますが、
葉や茎を揉むと屁糞のような悪臭があることから、
ヘクソカズラ(屁糞葛)と名前のついた雑草があります。



ヘクソカズラの葉の表面が白くなっていれば、

この裏側にほぼ間違いなく見られる

東南アジア原産の外来種の
ヘクソカズラグンバイ (Dulinius conchatus Distant)は、


1996年大阪府池田市で、初めて発見されたそうです。

頭胸部に、風船のような飾りがありますが、
これは、風に乗って、
長距離移動するための帆のような
働きをすると考えられています。

他に、日本以外で、
透明な翅として有名なのは、(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment