これは?(22)-花?-mantis(8)

花?


実は、中央にいるのは、東南アジアに生息する
ハナカマキリ(Hymenopus coronatus)の幼虫です。

今まで、ハナカマキリの幼虫は、
その外見に注目され、
周囲の花にそっくりな姿をすることで、
獲物に気づかれないように身を隠して、
獲物を捕るだけの
攻撃擬態(ペッカム型擬態)だ と考えられていました。

しかし、
派手な見た目以外にも、驚くべき方法を、
持っている事が最近分かりました。

ちなみに、ハナカマキリの初齢幼虫は、
赤と黒の混じった体色で、


悪臭を放つ
オオキンカメムシ(Eucorysses grandis)などの


カメムシに擬態して、
身を守っていると言われています。

これは、毒を持つ生物で、警戒色によって、
周囲に危険を知らせる動物と違う種が、
同じ警戒色を用いて、
捕食されないようにするというベイツ型擬態です。

成長し、幼虫になると、
色と形がランの花びらのようになり、
体色も薄ピンク色が混じった白色となって、
花のような姿に変貌します。



幼虫は腹部を上に反り返らせて、


その色も形態も花に似ているのに対して、
fagpl



成虫となると、白色になり、


腹部を反り返らせることが出来なくなります。

成体は、メスが体長7cm前後、オスは4cm程になるそうです。


オスは、交尾の時、メスに獲物と思われて、食べられる事もあるので、
慎重に近付いて、メスの隙を突いて、飛び乗って交尾をするそうです。

ハナカマキリの幼虫と成虫の待ち伏せ場所と
獲物の種類を調べてみると、

成虫は、花の上で待ち伏せし、


チョウ類など様々な種類の昆虫を捕食しますが、


幼虫は、葉の上で待ち伏せし、






幼虫の獲物の80%は、


トウヨウミツバチ(Apis cerana)でした。



そして、狩りの成功率が、
成虫では、60%程度であったのに対し、

幼虫では、90%でした。


観察していると、トウヨウミツバチは、
自然に幼虫に近寄ってきて、
幼虫の頭の真正面に回り、滞空飛行しながら足を伸ばして、
幼虫の頭に着地しようとする行動が、何度も見られました。

そのため、調べてみると、
ハナカマキリ幼虫の顎周辺から、

3-ヒドロキシオクタン酸(3HOA)と
10-ヒドロキシ-2-デセン酸(10HDA)の
2種類の物質が分泌されている事が分かりました。

この2つの物質は、
トウヨウミツバチも持っていて、

仲間のトウヨウミツバチを、
誘引する時に分泌するそうです。

ちなみに、
ハナカマキリ成虫には、
これらの物質は、持っていませんでした。

ちなみに、幼虫も成虫も、
花と同じ紫外線を反射しているので、

ミツバチやなど紫外線を見る事の出来る昆虫は、
カマキリと花の区別が、難しいそうです。

つまり、ハナカマキリの幼虫は、
視覚的擬態と、化学的擬態を持っていたのでした。

ds9

実に、奥深い…。

化学的擬態と言えば、香水を思い出しますが、

香水は、
古代エジプトではミイラの防腐、殺菌、保存に、
香料が使用されたところから始まります。

そして、
17世紀のフランスで、大きな発展をとげ、普及していきます。

その理由は、
16世紀から19世紀までのヨーロッパ、特にフランスでは、
風呂に入ると、水が体の穴を開き、
そこから梅毒などの危険な病原体が、
体内に侵入し、病気になりやすいと信じられたため、
入浴する人が少なく、体臭がひどく、
体臭消しとして発達していったそうです。

また、当時、下水道が普及していなかったので、
人々は排泄物も含め汚水や生ごみなどを、川に捨てていたので、
セーヌ川は、泥、動物の糞、廃棄物、汚物、
腐った食品のくずなどが散乱し、街は臭かったそうです。

特に、便所は、オマル方式で、
一定量溜まると、川や排水溝に捨てたり、
2階の窓から外へ排泄物を捨てたので、
街は、汚物だらけで、糞を踏むことが多かったそうです。

その昔、パリでは、「水にご注意!」と三回叫びさえすれば、
窓から汚物など何を捨てても良かったそうです。
当然、現在は、この習慣はありません。

だから、街を歩いていると、
上から汚物が降ってくる事もあったそうです。

そのため、
雨の日以外でも傘をさす必要があり、
日傘が発達したとも言われています。

また、道は汚物だらけだったので、
それを避ける為、
ハイヒールやブーツなどの
丈の高い靴が考案されたそうです。

ちなみに、
当時流行した、
胸より下の部分が大きく膨らんだ「フープ・スカート」は、



実は、立ったまま排泄しやすいようにとの配慮から、
考案されたそうです。

幅の広い長い外套やマントも、
投げ捨てられる汚物から、
衣類を守るため発達したそうです。

ちなみに、
地方に行って国王の威光を、
誇示する必要性もありましたが、
1つの城にあまり長く住むと、
その城があまりに不潔になってしまうので、
中世・ルネサンス時代の王様は、
1つの城にじっとしていることが少なく、
城から城へ渡り歩いていたそうです。

当時のヴェルサイユ宮殿は、
トイレ(汲み取り便所、おまる)の中の排泄物を
宮殿の庭に捨てていたため、

ヴェルサイユ宮殿は、
中庭や通路、回廊など糞尿であふれ、
ものすごい悪臭で、通路の一部分が、
汚物で沈む事もあったそうです。

そのため、
匂い対策として、香水が、多用されたそうです。

もちろん、
現在のヴェルサイユ宮殿は、改装したので、
トイレは、充実しています。

ロンドンや他の欧米諸国も同様な状態だったそうです。

人間の化学的擬態の香水は、
お風呂に入らない体臭や街の臭いなどを隠すために、
発達したという事です。

ちなみに、当時の日本は江戸時代ですが、
糞尿のほとんどすべてが、
専門の汲み取り業者によって、
植物の肥料用として、流通していたそうです。

そのため、当時1650年頃の
人口41万人のロンドンの街も
人口45万人のパリ同様臭かったのですが、
江戸は、人口50万人を超える世界最大の都市でしたが、
極めて清潔に保たれ、臭くなかったそうです。

当時の日本は、誇らしくて素晴らしい。

現在の日本も、
誇らしくて素晴らしくなって欲しいです。

この頃、外交に弱い上、
物事をごまかしたり、無責任な事を言ったりして、
世間を騒がせている政治家が多いのですが、
質が落ちているのかな?

本当に日本を良くしようと考え、外交も得意で、
世界に誇れる素晴らしい政治家が、
早く出てきて欲しいです。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment