これは?(21)-アリ?-mantis(7)

アリ?


実は、東南アジアに生息している
Asian ant mantis(Odontomantis planiceps)
と言います。

幼体の頃は、アリに似ていますが、


アリカマキリOdontomantis planiceps

大人になると、こうなります。

Odontomantis planiceps

カマキリと言えども、
幼体の頃は弱く、
捕食者動物に襲われる可能性が高いので、

熱帯アリは、有名なヒアリ(殺人アリ)のように、
刺す咬むなどの攻撃が強く、
捕食者が避ける可能性が高いので、

アリに擬態して、捕食を回避するための
ベイツ型擬態と考えられています。

でも、基本小さいです。
キャプsdfaチャ

日本には、カマキリとは関係ないけど、
カマキリに似たアミメカゲロウ目のカマキリモドキ(Mantispidae)がいます。


これは、違う種類の生物が、
同様の生態的地位にある時、違う種類でも、
身体的特徴が似通った姿に進化するという、
収斂進化と考えられています。



収斂進化やベイツ型擬態と言うと、

動物園勤務の時、(社)日本動物園水族館協会が行う
動物園や水族館で飼育に従事している人の認定資格の
飼育技師資格認定試験を思い出します。

ちなみに、自分は飼育技師資格認定試験は、
合格しました。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment