記事一覧

日露戦争(21)-正露丸(1)

日露戦争で、流行した薬と言えば、
征露丸(正露丸)が思い出されます。

正露丸の主成分の木クレオソートは、

1830年にドイツ人化学者『カール・ライヘンバッハ』が、
ヨーロッパブナの木から、木タールをつくり、
それを精製して、作り出しました。

その後、木クレオソートは、
殺菌作用や防腐効果があると考えられ、

化膿症の治療や外用消毒薬、
食肉の防腐剤、鎮咳剤、肺炎や肺結核、
その後、胃腸疾患の治療に使われるようになり、

アメリカの南北戦争では、
その消化器官に対する効果が高く評価されました。

木クレオソートは、日本には、
1839年長崎の和蘭商館長『ニーマン』により持ち込まれ、
1856年刊の薬物書には木クレオソートを、
「結麗阿曹多(ケレヲソート)」と記載されています。

大阪の『中島佐一』が、
この木クレオソートを、
カンゾウ末などの生薬末で練って丸薬にし、
正式名称は、「クレオソート丸」ですが、

日露戦争開戦前という時代背景から、
ロシア(露国)を征伐することと、
将兵の士気高揚の意味を併せて、

「クレオソート丸」を「忠勇征露丸」と名付けて、
日露戦争開戦2年前の1902年に、
販売を開始したそうです。

木クレオソートには、
当初、消化器官に対して殺菌することで、
効果を発揮していると考えられていましたが、

その後の研究で、
腸管への腸液の分泌抑制効果があり、
また、大腸の過剰な運動や機能を正常に戻し、
腹痛を抑え、
腸管での水分吸収を促進するという事が分かったそうです。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館・動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北・沖縄の
動物病院で勤務しました。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、
時には、歴史の時は、
現地調査までしていたので、

回答欄のスペースでは、不足したので、
裏まで、時には2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、自分だけ白紙が、
2枚配られていました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

知らせてもらえれば、
嬉しいです。

検索フォーム