記事一覧

日露戦争(15)-不思議な話(1)

『柳田国男』の「遠野物語拾遺」によると、
日露戦争の時、
陸上戦で、不思議な事があったそうです。

ロシアの捕虜の数人が、

「日本兵で、
黒服を着ている兵隊を射てば、
倒れたが、

赤服や白服の兵隊は、
いくら射っても倒れなかった。

何故、倒れなかったのか?」と聞いてきたそうです。

しかし、
「ほとんどの日本兵は、基本、黒服なので、
夏服の白服を着た日本兵や
ましてや赤い服を着た兵士は、珍しい。」とのこと。

白い服と言えば、

出雲大社には、
「戦時には、日本軍を助けるために、
境内から白い鳩がいなくなる。

そして、戦争が終わると、
帰って来る。」と言われているそうです。

また、幽霊の着物の色か、
お稲荷さんの色とも言われています。

では、赤い服は?

香川県高松市の浄願寺の禿狸や、
今治市にいた梅の木狸たちは、一族を引き連れて、
日露戦争に出征して、
赤い軍服を着た一隊として活躍したそうです。

敵がいくら射撃しても、
赤い軍服を着た兵隊には一発も当たらず、
弾が気にならないらしく、
平気で進んで行ったそうです。

そして、赤い軍服を着た兵隊を撃つと、
まぶしい光が見えて、
一瞬、目がくらんで、動けなくなったそうです。

逆に、赤い軍服の者が撃った弾は、
百発百中だったそうです。

また、
得意の変化の術で、
小豆一粒を兵隊一人に見せかけて戦ったり、

あるいは、
化けて山をつくり、
そこに敵兵が、登って来たところで、
山をひっくり返し、
敵をやっつけたそうです。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館・動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北・沖縄の
動物病院で勤務しました。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、
時には、歴史の時は、
現地調査までしていたので、

回答欄のスペースでは、不足したので、
裏まで、時には2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、自分だけ白紙が、
2枚配られていました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

知らせてもらえれば、
嬉しいです。

検索フォーム