日露戦争(5)-秋山真之(1)

最近、教科書検定の近隣諸国条項により、
日本の歴史が、おろそかになっているので、

若い人は知らないと思いますが、
「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」の名文で知られる
海軍の『秋山真之』は、『正岡子規』と幼馴染で、
一緒に文学の道を目指した事もあったそうです。

『秋山真之』は戦術の達人で、
機雷敷設や七段構えの戦法など、
バルチック艦隊の迎撃作戦を考えました。

そして、『秋山』は、
日露戦争(日本海海戦)の報告文で、

「天と神の助けにより、
我々は、敵の艦隊を撃滅出来た。」と書いています。

報告の中で『秋山』は、

「私は、日露戦役中に、
不思議な体験をしました。

実際に自分が経験したので、
決しておまけでも形容でもありません。」と言っています。

1904年、『カールル・イェッセン』提督が率いる
神出鬼没のウラジオストック艦隊による
日本の輸送船撃破は、
日本にとってダメージがあり、
数千人も死亡者が出ていました。

今後、
ウラジオストック艦隊(ウラジオストク巡洋艦隊、浦塩艦隊)が、
日本海を通過してウラジオストックに帰港するか、
日本の東海岸に進んで、
津軽海峡もしくは宗谷海峡を抜けて
ウラジオストックに帰港するかを、
何度も作戦会議で話し合いがされました。

敵艦隊の動静について終日考えていた『秋山』は、
疲れて、椅子に座ったまま、うたた寝をしました。

『青山剛昌』先生の漫画「名探偵コナン」の
「眠りの小五郎」ではありませんが、

『秋山』は、半分眠った状態で、
ウラジオストック艦隊が、
津軽海峡を通り抜けているのが見えました。

「東海岸を回って津軽へ抜ける!」と言って、
目が覚めました。

しかし、「夢によって知らされた。」とは、言えないので、
総合的な理性の判断によって、
津軽海峡を通り抜けると上司に報告しました。

結果、『秋山』の予想は的中しましたが、
残念ながら、『秋山』の意見は取り入れられなかったので、
ウラジオストック艦隊を取り逃がしました。

ちなみに、
ウラジオストック艦隊は、
霧に紛れて、攻撃したり、逃げたりする事もあったので、
『イェッセン』提督は、
「霧こそ信頼できる我らが同盟者である。」と言っていました。

しかし、
霧の中での航海は細心の警戒が必要であり、
ひとたび誤れば大災害が生じるのですが、

ウラジオストック艦隊のボガトィーリ号は、
味方と思っている霧で、航路を誤り、岩礁に衝突し、大破し、
終戦まで修理を終えることができなかったそうです。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment