ラスプーチンとタフな犬の話(1)-ラスプーチン(1)

ラスプーチンという名を一度は聞いたことがあると思います。

ラスプーチンは、ロシア皇帝ニコライ2世に信頼された怪僧です。

ラスプーチンには妻と3人の子供がいましたが、

ロシア革命の際、
娘のマリア・ラスプーチン以外は殺害されたそうです。

その後、彼女はフランスに亡命し、
ヨーロッパ、アメリカ、南米などで、
サーカス・パフォーマーとして活躍した後、
カリフォルニアに落ち着き
父親の汚名を返上するために、
伝記などの本を書きました。


ラスプーチンの伝記を読んだ時、
ある犬の事を思い出しました。

犬の話の前に、
ラスプーチンの話も興味深いので、
まずは、ラスプーチンの話から。


グリゴーリ・エフィモーヴィッチ・ラスプーチンは貧農の息子で、
修行僧と自称していましたが、正規の教育は受けていませんでした。

20歳で結婚した後、突然、父親や妻に「巡礼に出る」と言い残して
村を出奔したそうです。

そして、10数年の放浪で、
相手を威圧させる眼力と自信に満ちた説教の力と
病気治療の祈りの力を得たそうです。

村へ帰って、病気治療を施して信者を増やし、
「神の人」と呼ばれるようになり、
彼に心服する信者が増えたそうです。

「救いを得るためには、
罪を犯さなければならない」という考えに基づき、
独自の礼拝や儀式を行っていたそうです。

一般人には評判は良かったのですが、
正統派の司祭たちの眼には、
インチキで、異端に見えていました。

でも、ラスプーチンは、
あくまで正統派のつもりだったそうです。

ちょうどその頃、
ロシアの皇帝ニコライ2世の子アレクセイが
血友病になり、状態が悪くなっていました。

ロシアやフランスじゅうの名医が集められ、
治療を受けました。

でも、ますます悪化して、体が弱っていき、
命が危ぶまれるようになりました。

その時、側近がラスプーチンの評判を皇帝に話すと、
藁にもすがる思いで、ラスプーチンが呼ばれたそうです。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  実録ラスプーチン 6/8~女性遍歴
  • ラスプーチンのお持ち物❤❤❤ ラスプーチンは、ステファニヤ・セメノーヴナ・ドルゴルカヤ公女と過ごした。これは危険な情事だった。彼女は皇帝の侍従の妻だったからである。ラスプーチンはその他、政治家の愛人たちとも密通していた。彼はレイカルト夫人の訪問を受けた。彼女は夫の仕事上の問題にラスプーチンの調停を頼みに来たのだった。彼は夫人にキスしてくれと言ったが、彼女は拒否して帰ってしまった。だが、彼は欲...
  • 2014.07.03 (Thu) 21:11 | 投資一族のブログ
この記事へのトラックバック
  •  実録ラスプーチン 7/8~疑惑
  • ラスプーチン一派で、次にスパイだと疑われたのはアンドロニコフ公だったのはいたしかたない。彼は派手な生活を送り、愛人達に莫大な金を使っていた。「彼の使った金額は、およその額さえ推定できなかった」と彼の執事キルテルは後に証言している。「私の妻が1日おきに、ロシア・アジア銀行から1000ルーブルずつ彼に届けていた。妻はお金を小切手で受け取っていた。彼はアパート代として月額600ルーブル払っていた。...
  • 2014.07.09 (Wed) 21:11 | 投資一族のブログ