昔話(137)-高峰譲吉(6)-麹(4)

1890年、『高峰譲吉』夫妻と2人の息子、
そして、
麹造りの職人「丹波杜氏」の『藤木幸助』を伴って、
渡米しました。

その後、『高峰譲吉』の家族は、
そのままアメリカに永住する事になりました。

ちなみに、『藤木幸助』は、
7年間、アメリカで過ごしましたが、
養父が病気で他界したので、
帰国する事になりました。

その後、再渡米しようとしましたが、
家族の強い反対があって、断念しました。

そして、
白木造りの「高峰神社」を建てて、
『高峰譲吉』の無事を祈っていたそうです。

1908年、『高峰譲吉』が一時帰国した時、
『藤木幸助』の自宅を訪ねた時、
「高峰神社」の事を知り、感激したそうです。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment