昔話(106)-糖尿病(46)-治療の歴史(14)

インスリン治療により昏睡をまぬがれても、
罹病期間が長くなると網膜症、腎症、
動脈硬化症が高頻度に現れてくる事が、
明らかとなり、糖尿病治療の焦点は、
昏睡との闘いから慢性合併症との闘いになりました。

糖尿病の治療は、
血糖値のコントロールが大切です。

治療方法は、薬だけでなく、
食事の影響を受けるので、
食事管理が出来れば、

投与するインスリンの量を、
減らす事も可能です。

糖尿病の治療薬には、
インスリン注射や

猫では内服薬の血糖降下剤があります。

インスリン注射液は、色々な種類があり、
動物種や状態により、使い分けます。

治療費や検査費用もかかるし、
1日1-2回自宅で注射してもらう事にもなります。(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment