記事一覧

糖尿病(21)-バンティング(11)

『バンティング』と『ベスト』は、
『コリップ』に抽出法を聞いたそうです。

すると、
『コリップ』は、

『バンティング』と『ベスト』に向かって、

「君たちが、私に何の相談も無く、
勝手にインシュリンを抽出して、
臨床実験したのは、協定違反だ。

『マクラウド』とも話したが、
君たちは、信用できないので、
抽出法を、教えない事にした。

インスリン発見の権利を、
君たちに認める代わりに、

君たちのグループから離れて、
自分の名前で、
抽出法の特許をとる事を、
考えている。」と言ったそうです。

しかし、『バンティング』は、
糖尿病患者を助けるために、
基本、自分が考えて始めた事で、

協定違反という事で教えないというのは、
非協力的で利己的な人間だと思いました。

そのため、『バンティング』は、
始めは黙って、冷静に聞いていましたが、
しだいに怒りがこみ上げて来て、
我慢が出来なくなり、
逆上して『コリップ』を殴って、罵倒しはじめました。

物凄く怒っている『バンティング』が、
『コリップ』を、殴って殺すのではないかと心配で、
『ベスト』は、全力で止めました。

すると、『バンティングは、

「お前が、チビだから、
殴っても当たる所が小さいので、運が良かったな。
さもないと、気を失うまで、
たたきのめしていたぞ。」と言いました。

そして、『コリップ』は、去って行きました。

ちなみに、
その後『コリップ』は、
アルバータ大学に戻ってから、
再び、インスリンを抽出しようとしましたが、
2度目は、成功しなかったそうです。

後日、判明したのですが、
1度目の成功の時は、
偶然に、亜鉛の入っていた容器を、
使用したからだそうです。 (続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

プロフィール

ムーミン

Author:ムーミン
生まれは、福岡、
育ちは、大阪、
現在、秋田市で、
動物病院を開院。

長年、
水族館・動物園で、
獣医師として勤務していました。

短期間ですが、
犬猫行政、
食品衛生業務も
しました。

その後、
長年、
東北・沖縄の
動物病院で勤務しました。

祖先は、醍醐源氏の末裔で、
福岡県八女市黒木の
猫尾城の城主を
していました。
詳しくは動物病院HPで。

学生時代、
生物学と歴史は好きでした。

高校時代、
筆記試験の時は、
事前に、関連事項まで詳しく調べて、
時には、歴史の時は、
現地調査までしていたので、

回答欄のスペースでは、不足したので、
裏まで、時には2枚目の白紙をもらい、
ぎりぎりまで書いていました。

そのため、高校の時は、
歴史や生物のテスト用紙が配られる時、
あらかじめ、自分だけ白紙が、
2枚配られていました。

先祖が笛が得意だったのと、
子供の頃、
ピアノを習っていたので、
音楽が好きです。

動物園勤務時代、
野生動物は、
殺気を感じると、
逃げるので、
殺気を感じさせない為、
歌いながら、
治療していたので、
歌が得意になりました。

尚、話し言葉などは、
意訳の場合もあります。

リンクはフリーです。

知らせてもらえれば、
嬉しいです。

検索フォーム