昔話(73)-糖尿病(14)-バンティング(4)

『バンティング』は、
犬の手術をしたことがなかったので、
出血多量、麻酔過量、感染症などで、
借りていた実験用の犬10頭を、
死なせたそうです。

そのため、街へ犬を買いに行ったそうです。
結局、14頭が死亡したそうです。

それでも、
7頭の犬に膵部分切除を行う事が出来ました。


手術中

そのうちの2頭だけですが、
膵管を結紮した後、外分泌物を産生する細胞が、
破壊され、膵臓が変性したと考えられる状態を、
作り出す事に成功しました。

約束の8週間が過ぎて、『マクラウド』が戻って来ても、
目標としていた物の抽出する事は出来ていませんでしたが、

後は、変性した膵臓から抽出すれば、良いだけなので、
目途は立っていました。

そのため、
「10年近く、誰も使用していなかった部屋だし、
ここに我々がいたって『マクラウド』教授は、
痛くも痒くもあるまい。」と開き直り、
研究を続けたそうです。 (続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment