昔話(43)(犬-第4話)-藤原氏と陰陽師と天皇(39)

お気に入りの人を、
官人にしたかったのですが、
採用試験成績が悪かったので、

試験を管理する式部省の『橘淑信』を拉致し、
手心を加えるように迫り、合格させたそうです。

ちなみに、普通なら拉致する時は、
他人から見つからないように、
隠して拉致するところを、
『橘淑信』を歩かせて、
堂々と拉致したそうです。

ちなみに、この時は、
『藤原道長』の父『藤原兼家』が、
まだ、生きている時だったので、
父『藤原兼家』から、
やりすぎだと怒られたそうです。

ただ、処罰も無く、
怒られただけですが…。

この時は、
まだ、権力を手にしていなかったので、
周囲に気を使い、
豪放で細かい事を気にしない性格と
周囲に人々には、思われていたので
驚かれたそうです。

しかし、…(続く)
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment