大きい犬

犬の図鑑などでは、背の高い犬と言えば、
体高(足先から肩までの高さ)が普通でも80cm位、
大きくて100cmを超える
アイリッシュ・ウルフハウンドが有名ですが、



ギネスブックによると、
世界一背の高い犬は、
アメリカのドアラグさんの
愛犬のグレート・デーンの「ゼウス」。



体高が111.8cm、全長は220cm。

ちなみに、グレート・デーンの体高は、
普通76cm位です。



毎日1kg位のエサを食べ、
体重は70kg位だそうです。

「散歩していると、
犬なのか馬なのか?とよく質問されていた。」と
ドアラグさんがインタビューに答えていました。

「ゼウス」の性格は、いたって温厚で、
人に対しても同居する他の動物に対しても、
とてもフレンドリーだそうです。

ただ、小さな犬に吠えられると
ドアラグさんの後ろに隠れてしまうような
臆病な一面もあるそうです。

さらに、
近くの病院でセラピー犬として患者を癒していた「ゼウス」は、
みんなから愛されていた存在だったそうです。



しかし、2014年、「ゼウス」は、死亡したそうです。

「ゼウス」の前のギネス記録は、
アメリカのナッセルさんの愛犬のグレート・デーンの「ジョージ」。



体高109cm、全長は、210cm。

毎日1.6kg位のエサを食べ、
体重は111kg位だそうです。

「生後7週目から飼育しているが、
こんなに、大きくなるとは思わなかった。」とのこと。



なお、「ジョージ」の前のギネス記録は、、
アメリカのテイラーさんのグレート・デーンの愛犬の「タイタン」。
体高は、107.3cm、体重は86kg。



でも、「タイタン」は目が悪く、耳も遠く、
さらに慢性の脳疾患である「てんかん」を患っているそうです。
脊髄矯正のために3週間ごとに鍼治療にも通っているという。
テイラーさんは「タイタンは魔法のような犬。
おとなしく、物腰も穏やかで、
どんな犬とでも仲良くできる。」とインタビューに答えていました。

ちなみに、「タイタン」の前のギネス記録は、
アメリカのグレート・デーンの「ギブソン」、
記録は体高107cm。



最近の「背の高い犬」は、ほとんどが、
アメリカ在住のグレート・デーンみたいです。

ちなみに、ケニアに行った時、
背が高いので、マサイ族の人に、
ジャパニーズマサイと呼ばれた事があります。
スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment